はじめての
ゴールベースアプローチ

未来と今を結ぶ資産運用

ゴールベースアプローチとは?

ゴールベースアプローチ(Goal Based Approach = GBA)とは、資産運用やライフプランニングにおける考え方の一つです。
最初にゴールとゴールに到達するための目標(いつまでに、いくら必要か)を設定し、そこから逆算して必要な投資金額・運用期間・目標運用利回りなどを整理し、適切な運用計画を導き出します。

なぜ資産運用でゴールベースアプローチが効果的なのか?

「老後資金として30年後に2000万円を確保したい」、「教育費として10年後に500万円を貯めたい」。一人ひとりのゴールは違って当然です。ゴールごとに最適な運用計画も異なります。

計画なしに運用を始めると、目標の実現性がないことにきづかなかったり、過剰なリスクをとるなどの誤った投資行動につながったりします。効果的な資産運用には、目標を見据えた計画が重要です。

①ライフプランニング②目標金額設定③適切な運用金額・期間・リスクの設定──という3つのステップを踏んで資産を運用することで、誤った目標設定や投資行動を回避することができます。

ゴールベースアプローチの
モデルケース

それでは、いくつかのモデルケースを紹介しますので、具体的にどのように目標設定から運用計画を立てていくかを見てみましょう。

モデルケース1

子どもの教育費を
確保したいAさん

モデルケース2

セカンドライフを
充実させたいBさん

モデルケース3

ワーキングホリデーに
行きたいCさん

モデルケース 1

子どもの教育費を
確保したいAさん

Aさんの情報

家族構成

 世帯主・36歳
 配偶者・34歳
 長女・4歳
 長男・2歳

資産運用を始めたきっかけ … 給与収入が増えて、少しずつ貯金も増えるようになってきた。子どもも二人生まれ、将来にどんなお金が「いつ」、「どのくらい」必要になるかを考えるようになった。

支出が予想されるイベントを
把握する
イベントの中から
ゴールとするイベントを選択する

  • 長女の大学入学
  • 長男の大学入学
  • 子どもの独立にあわせた
    住宅リフォーム
  • 夫妻のセカンドライフ

目標を立てる

長女の大学初年度に必要な

学費を確保する

必要な費用は

300万円

費用の内訳

入学費用
国公立大学は 67.2万円
私立大学(文系)は 81.8万円
私立大学(理系)は 88.8万円
在学費用(年間)
国公立大学は 103.5万円
私立大学(文系)は 152.0万円
私立大学(理系)は 183.2万円
出所:日本政策金融公庫
「教育費負担の実態調査結果(令和3年度)」

目標に見合った
資産運用計画を立てる

「いま」からつくるなら、

毎月無理せず積み立て

目標金額

300万円

目標までの期間

14年間(168カ月)

モデルケース 2

セカンドライフを
充実させたいBさん

Bさんの情報

家族構成

 世帯主・45歳
 配偶者・45歳

資産運用を始めたきっかけ … 子どもの学費の確保、住宅ローン返済については目途が立った。そこで、ニュースで話題になった「老後2,000万円問題」を1つの指標として、老後の生活について考えるようになった。

支出が予想されるイベントを
把握する
イベントの中から
ゴールとするイベントを選択する

  • 夫妻のセカンドライフ
  • 夫妻で海外旅行
  • セカンドライフの生活にあわせた
    住宅リフォーム
  • 親の介護、自分たちの老後(介護)

目標を立てる

65歳までに
セカンドライフ資金を確保する
(退職金は含めず)

必要な費用は

2,000万円

「老後2,000万円問題」とは?

高齢夫婦無職世帯では、毎月の赤字額が約5.4万円であり、
毎月の赤字額を自身が保有する金融資産で補填することとなる。

費用の内訳
毎月の収入:
毎月の支出:
毎月の赤字額:
20.9万円
26.3万円
5.4万円
セカンドライフを30年間送るためには・・・
5.4万円 × 12カ月 × 30年間 ≒ 2,000万円が必要
出所:金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書
「高齢社会における資産形成・管理」

目標に見合った
資産運用計画を立てる

「いま」からつくるなら、

毎月無理せず積み立て

目標金額

2,000万円

目標までの期間

20年間(240カ月)

モデルケース 3

ワーキングホリデーに
行きたいCさん

Cさんの情報

家族構成

本人 24歳

資産運用を始めたきっかけ … 新卒で入った会社にもう2年。最近仕事もマンネリ化。新しいことにチャレンジしたい。仕事をやめて、若いうちにワーキングホリデーでカナダにいってみたい。

支出が予想されるイベントを
把握する
イベントの中から
ゴールとするイベントを選択する

  • ワーキングホリデーに行く

目標を立てる

30歳の誕生日までに

ワーキングホリデーに行く

必要な費用は

100万円

目標に見合った
資産運用計画を立てる

「いま」からつくるなら、

長期で積み立ても可能

目標金額

100万円として

目標までの期間

6年間(72カ月)

ここまでゴールベースアプローチについてご紹介をしてきましたが、ひとりで目標を設定し、そこから運用計画を導くのはややハードルが高いと感じた方も多いでしょう。
そんなときは、より理解を深めるためにさまざまなセミナーに参加したり、QUICK Money World内の関連コンテンツを読んだり、ゴールベースアプローチ実践のプロであるファイナンシャルアドバイザー(FA)やファイナンシャルプランナー(FP)に相談したりしてみてはいかがでしょうか。

企業ページ

明治時代から金融の街として栄え、最近は再開発によりおしゃれな街として注目の「日本橋兜町」にオフィスを構える2社が共同で運営しています。
一大変革期にある金融業界で「高度な専門性」で新しいビジネスにチャレンジしています
金融情報ベンダーから金融プラットフォーマーにシンカし、あらゆるデータを「価値」に変え、社会の発展に貢献しています