個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 電通(4324) 世界経済減速の影響強まり今期営業利益予想を13%減の970億円へ235億円減額

電通(4324) 世界経済減速の影響強まり今期営業利益予想を13%減の970億円へ235億円減額

QUICK企業価値研究所アナリスト 山藤秀明(2019/08/20)

・来期は東京オリンピック効果で19%営業増益予想
 19/12期上期の営業利益は前年同期比55%減の181億円。前年同期はワールドカップサッカーを中心に大型スポーツイベントの収益寄与があった反動に加えて、世界的な景気減速の影響も強まってきた。会社側は通期営業利益予想を985億円へと240億円減額した。
 企業価値研究所も今期の営業利益について、前期比13%減の970億円へと235億円減額した。元々、会社予想より幾分保守的にみていたが、国内および中国などで広告需要が予想より弱い。来20/12期の営業利益は同19%増の1155億円の予想。従来予想を300億円減額したが、東京オリンピック効果が強く2桁増益を見込んだ。

・株主還元強化で中期的なROE向上を目指す
 同社は配当と機動的な自己株式取得によりROE(自己資本利益率)の中期的な向上を目指している。今期配当金は5円増配の95円の計画。上期決算の発表にあわせて300億円規模の自己株式取得計画も公表した。

・リスクファクター ~国内外での景気低迷、円高他

・アナリストの投資判断 ~当面の株価は現値水準での推移見込む
 当研究所は当面の株価について「上値は重く現値水準で推移する」とみている。足元のPERは来期の当研究所予想で18倍であり過去3年平均の22倍に比べて割安。ただ、来期は東京オリンピックによる一時的な利益押し上げ効果が大きいことを考慮すれば割安感は薄れる。更には足元で広告需要への影響が強い景気が国内外で減速していることも株価の重荷になりそうだ。積極的な企業買収や株主還元強化で中長期的には株価上値余地は小さくないとみるが、向こう半年程度でみた場合は株価の上値は重そうだ。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事・ニュース

記事
【朝イチ便利帳】4日 参院選公示、セブン&アイ決算 米国は休場
参院選がきょう公示され、21日の投開票まで17日間にわたる選挙戦が始まる。セブン&アイ(3382)の3~5月期決算が予定されている。米市場は休みだ。本日の主なイベントは以下の通り。   【4日の予定】 国内 時 […]
2019/7/4 08:20
KDDI(9433)は3%高 チェンジ(3962)18%安 15日の夜間PTS
16日の株式市場で、マーケットエンタ(3135)やテクノHR(6629)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で16日の基準値を大きく上回る水準で約定した。マーケットエンタの約定価格は基準値に […]
QUICK AI速報
2019/5/16 08:06
【朝イチ便利帳】15日 10月の米小売売上高、ウォルマートやエヌビディアが決算
15日は月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向などが発表される予定のほか、5年物国債の入札が行われる。IPO関連では筑波精工(6596)の公募・売り出し(公開)価格が決定する。 海外では10月の米小売売上高、10月の米輸 […]
2018/11/15 08:12
【朝イチ便利帳】2日 企業物価見通し、9月の国内ユニクロ売上高 FRB議長が講演
2日は企業の物価見通し、9月の消費動向調査などが発表される予定のほか、10年物国債の入札が行われる。また内閣改造・自民党役員人事が実施される。IPO関連ではディ・アイ・システム(4421)の仮条件、イーソル(4420)、 […]
2018/10/2 08:02

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の銘柄関連

4324
サービス業
電通
4,165
前日比+260 (+6.658%)
詳細を見る