個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム ニュース・記事 ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/09/17)

・秋冬物生産拡大、男女兼用拡充、PB価格据え置きなどで既存店好調持続へ
 新業態「ワークマンプラス」始動以降の露出で消費者の「ワークマン」への認知がプロ向け→高機能アウトドアウエアを低価格で買える店へ一変。「ワークマンプラス」だけでなく「ワークマン」でも客層拡大が進み、既存店売上高は増勢。今後は前年のハードルが上がるが、PB生産拡大(前年は欠品)、男女兼用商品拡充、増税後のPB税込価格据え置きなどから好調が続く見込み。

・成長の原動力は「ワークマンプラス」の積極展開など、法人需要開拓が業績上振れ要因に
 既存店売上高増勢、「ワークマンプラス」の好調維持・展開加速(売場分離改装を始動)を勘案し、単独営業利益の企業価値研究所予想を増額。今期を前期比31%増、その後の3年間も年率11%成長を予想。1店当たり売上高(保守的に予想)の大きい「ワークマンプラス」の積極展開などが原動力に。会社側は高機能・低価格ウエア潜在市場でシェア25%を目指す。他方、一般客とプロが時間帯で使い分ける路面型「ワークマンプラス」によりワーキングウエア小売市場でもシェア拡大が続く見込み。さらに、直需取り込みを狙い法人需要開拓を本格化するが、当研究所予想には織り込んでおらず、業績上振れ要因として期待。

・リスクファクター ~天候不順、円安など

・アナリストの投資判断 ~長期成長を織り込んだ妥当水準と判断
 23/3期のPER(当研究所予想)は33倍。株価は4年先までの成長を織り込んだ水準で、妥当と考える(専門小売主要成長株の過去4年平均PER31倍)。「ワークマンプラス」の勢い維持や法人需要の拡大が確認できれば、株価の更なる押し上げ要因となろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

記事・新着ニュース

記事
昇格アノマリー 次の本命は「働く人に、便利さを」でお馴染みのW社
東証1部への昇格を発表すると株価は上昇する。こんな「昇格アノマリー」がある。1部に昇格して東証株価指数(TOPIX)に組み入れられれば、指数に連動して運用する機関投資家などからの資金流入が見込め、知名度も増すからだ。 1 […]
News & Views
2019/6/18 11:17
ワークマン(7564) 「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに
QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/03/18) ・高機能・低価格ウエア潜在市場でシェア25%目指す  店舗拡大と既存店増収をテコに安定成長を続けてきた同社だが、今期は新業態「ワークマンプラス」出店を […]
企業価値研究所
2019/3/19 08:54
ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想
QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/09/10) ・高機能・低価格ウェア潜在市場4000億円を開拓へ  昨秋以降の既存店増勢を牽引するのは、アウトドア、スポーツ、レジャー用途での一般顧客の利用を想定し […]
企業価値研究所
2018/9/11 09:13
ワークマン(7564) 既存店増収、店舗増、PB拡大をテコに利益成長が続く見通し
QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2017/12/20) ・今期営業利益は初の100億円台乗せへ  単独営業利益の企業価値研究所予想は今期102億円(前期比7%増)、来期110億円。既存店売上高の伸長、FCを […]
企業価値研究所
2017/12/21 14:00

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の銘柄関連

7564
小売業
ワークマン
8,180
前日比-1,060 (-11.472%)
詳細を見る