QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「フィデリティ・日本成長株」、残高4000億円を回復 約10年ぶり

「フィデリティ・日本成長株」、残高4000億円を回復 約10年ぶり

 フィデリティ投信が運用する「フィデリティ・日本成長株・ファンド」(32311984)の純資産総額(残高)が29日時点で4000億円を回復した。2007年12月以来、およそ10年ぶり。米リーマン・ショック後に残高が急減したが、国内株式相場の回復で運用成績が持ち直し、残高を戻している。

 同ファンドは国内の成長企業を選定して投資する。1998年4月から運用を開始しており、国内株式に投資する国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中では残高が最も多い。10月末時点で1年リターンは31.60%、設定来リターンは142.49%。

 

<組み入れ上位10銘柄>
①ミスミグループ本社(9962)   5.2%
②マキタ(6586)        3.6%
③キーエンス(6861)       3.4%
④三浦工業(6005)       2.9%
⑤ソフトバンクグループ(9984)   2.6%
⑥リンナイ(5947)                2.4%
⑦関西ペイント(4613)       1.8%
⑧ダイキン工業(6367)   1.8%
⑨リクルートホールディングス(6098)1.7%
⑩オリックス(8591)               1.7%

※月次運用レポートから抜粋。9月29日時点

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す