個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 勝者なき世界経済、いよいよ好不況の分かれ目 貿易摩擦で米も下方修正

勝者なき世界経済、いよいよ好不況の分かれ目 貿易摩擦で米も下方修正

QUICKコメントチーム=丹下智博

国際通貨基金(IMF)は15日改定した世界経済見通しで、2019年の成長率を3.0%と予測し、7月時点から0.2ポイント下方修正した。四半期ごとの改定で、5期連続での下方修正だ。世界経済は3%成長が好不況の境目とされ、不況の瀬戸際に立っている。

世界景気が急減速する最大の要因として米中の貿易戦争を挙げ、中国の成長見通しを7月時点からさらに0.1ポイント引き下げ6.1%とし、18年の6.6%(実績)から大きく減速することを予想する。また、貿易戦争を仕掛けた米国も7月時点から0.2ポイント下方修正され、勝者のない戦いであることが示された。

また、ユーロ圏や中国での新排気ガス規制など各国特有のショックも原因となって自動車産業が後退したこともあり、大手ノンバンクが経営破綻したインドの19年成長見通しは0.9ポイントも引き下げられた。


QUICK Market Eyes®はトレーダーやディーラー、運用担当者の皆さまに向けたQUICK独自のマーケット・コメントサービスです。日米の個別株から債券を含めた先物市場まで幅広くカバー。証券会社や機関投資家など運用・調査の現場への取材を通じて得た専門性の高い金融情報を提供します。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す