QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 資産形成「必要性を感じる」が5割超す【個人の資産形成に関する意識調査④】

資産形成「必要性を感じる」が5割超す【個人の資産形成に関する意識調査④】

QUICK資産運用研究所

QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。4回目は資産形成の必要性に関する結果をまとめた。

■資産形成「必要性を感じる」が着実に増加

資産形成の必要性を感じる人は着実に増えている。「資産形成・資産運用の必要性を感じますか」と聞いた質問では、「非常に必要性を感じる」と「やや必要性を感じる」をあわせて全体の55.1%にのぼった。2年前から17.5ポイント増え、初めて5割を超えた。

投資経験別で昨年調査と比較すると、投資未経験層と投資経験が10年以上のベテラン層で変化が大きい。特に「全く必要性を感じない」と答えた人の減少が目立った。

■必要な理由、全年代で「老後不安」が最多

資産形成の必要性を感じる人と感じていない人に対して、それぞれの理由を聞いた。必要性を感じる理由は「老後不安、公的年金だけでは足りないと感じるから」が最多で、「銀行に預けていても増えない(預金の金利が低い)から」が続いた。年代別にみても2つの回答が共通して高かった。

一方で、資産形成の必要性を感じない理由は世代間でばらつきが出た。20~40代は「そもそも資産形成について考えたことがない」が最も多く、資産形成に対する関心の低さが現れた。60代以降は他の世代と比べて「節約すればいいと思うから」や「預貯金と公的年金で暮らしていけるから」が際立った。

◇過去記事一覧

①老後2000万円問題で意識や行動に変化は?

②お金に関する悩み、「老後資金」が断トツ

③老後に必要な資金は? 「2000万円」前後

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す