個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 投信、積み立てが増加 保有者の過半に【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

投信、積み立てが増加 保有者の過半に【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

QUICK資産運用研究所

QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。8回目は投資信託の買い付け方法や商品選びなど、投信事情を探った。

■積み立て投資増加 イデコが伸びる

投信の積み立て投資が広がっている。投信保有者に投信を積み立てで購入しているか、一括でまとめて購入しているかを聞いたところ、「積み立てのみ」と「積み立ても一括投資もしている」と答えた人の合計が51.5%にのぼり、前回調査(2018年11月)から8.9ポイント増えた。

どの口座で積み立てをしているかを聞くと、少額投資非課税制度(NISA)の利用が多かった。前回調査との比較では個人型確定拠出年金(イデコ)が最も伸びた。


■積み立ては「コスト」重視

投資信託の商品選びで重視することを聞いたところ、積み立て投資では「手数料や信託報酬の水準」が39.3%で最も多かった。一括投資は「安定した分配金が見込めること」が41.6%でトップで、「値上がり期待」が40.9%で続いた。

年代別でみると、重視するポイントはばらばらだった。一括投信では、20~40代が「値上がり期待」に対して、50代以降では「安定した分配金」の比率が高かった。

◇過去記事一覧(概要

①老後2000万円問題で意識や行動に変化は?

②お金に関する悩み、「老後資金」が断トツ

③老後に必要な資金は? 「2000万円」前後

④資産形成「必要性を感じる」が5割超す

⑤リスク性金融商品の保有、国内株がトップ

⑥記事や口コミが資産形成を始める契機に

⑦つみたてNISA・イデコ、じわり浸透

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す