QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ポイントで疑似体験、3割が実際の投資へ【個人の資産形成に関する意識調査⑨】

ポイントで疑似体験、3割が実際の投資へ【個人の資産形成に関する意識調査⑨】

QUICK資産運用研究所

QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。9回目はポイントを使った資産運用に関する調査結果を掲載する。

■ポイント運用、全体の12%が投資を疑似体験

買い物などでたまったポイントを使って投資の疑似体験をする「ポイント運用」が実際の投資の呼び水になっている。ポイント運用は投資信託や株式の値動きに連動するようにポイントが増えたり減ったりするもので、2016年12月にクレディセゾンが初めてサービスを開始。各種ポイントでも導入が相次ぎ、サービスは拡大傾向にある。

今回の調査では、ポイント運用の利用を聞いたところ、全体の12.4%が経験者だった。利用したポイントは「楽天スーパーポイント」が57.6%でトップ。「dポイント」が27.1%で続いた。一方、3割強がポイント運用を「知らない」と答えた。

ポイント運用の感想は「資産運用に興味を持った」「資産運用の勉強になった」といったポジティブな意見が目立った。ポイント運用をきっかけに実際に投資を始めた人は30.7%にのぼり、始めたいと思っている人と合わせると51.7%と過半を占めた。■ポイントを使った投資、経験者は5.6%

買い物などでたまったポイントを使って実際に投資信託や株式を購入する「ポイント投資」を聞いた質問では、全体の5.6%が「ある」と答えた。

◇過去記事一覧(概要

①老後2000万円問題で意識や行動に変化は?

②お金に関する悩み、「老後資金」が断トツ

③老後に必要な資金は? 「2000万円」前後

④資産形成「必要性を感じる」が5割超す

⑤リスク性金融商品の保有、国内株がトップ

⑥記事や口コミが資産形成を始める契機に

⑦つみたてNISA・イデコ、じわり浸透

⑧投信、積み立てが増加 保有者の過半に

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す