QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「ホテル系REITに強烈な買いが来ております‼」 新型コロナにもめげずに保つじり高基調

「ホテル系REITに強烈な買いが来ております‼」 新型コロナにもめげずに保つじり高基調

週明けから新型コロナウイルスを警戒する売りに見舞われた東京株式市場。しかし、29日午後の日経平均株価は反発するなど落ち着きを取り戻している。一見すると自律反発のように見えるが、市場関係者の目線は不動産投資信託(REIT)に向かっているようだ。QUICKのプロ向けコメントサービス「QUICK Market Eyes」では以下のように伝えている。

■REIT指数への期待感は崩れず

「朝方は顧客の機関投資家さんの動きも慎重な感じでしたが、ハンセン指数が3%安後に下げ渋っているので徐々に現物株に買いが来ていますね。週初に下げが目立ったホテル系REITには強烈に買いが来ております! 東証REIT指数も気づけば2200接近で、指数の上値が重い中、REITが強含む展開を期待していますよ!」(国内証券トレーダー)

右肩上がりの東証REIT指数

※東証REIT指数の戻り基調に力強さ

JHR(8985)が3%高で堅調だ。27日には新型コロナウイルスの感染拡大を受けてインバウンド客の鈍化を警戒する見方から7.66%安で急落していたが、28日以降は自律反発の動きとなっている。

<関連記事>

■株安はコロナウイルスだけじゃない?ある場所に灯る景気減速のシグナル

■「パンデミックが起こらなければ買い」、新型コロナウイルスに市場の見方様々 「日本の小売業に影響が続く可能性」の声も

■アリババの株価が一時200ドル割れ、カジノ関連株も売り…米市場もコロナショック

■新型コロナウイルス、市場への影響は短期?米中合意に余波?キャッシュ最適との声も

■武漢封鎖いつまで 供給網リスク警戒、自動車関連株に売り圧力

■新型コロナ不安にも“感染” さえない豪ドル、積極緩和で色あせる「高金利」

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す