QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 米国経済、またも減速の兆候か~~債券市場では「逆イールド」、求人数は2年ぶり低水準
この記事は最終更新から1年以上経過しております。

米国経済、またも減速の兆候か~~債券市場では「逆イールド」、求人数は2年ぶり低水準

記事公開日 2020/2/12 10:32 最終更新日 2020/2/13 13:01 JOLTS 米10年債 米国経済 米財務省短期証券 逆イールド 雇用動態調査

QUICK Market Eyes=丹下智博

 1月末(1月30日、31日、2月3日)に続き、日本の祝日前にあたる10日の米債市場でも「逆イールド」が発生した。3カ月物の財務省短期証券の利回りが10年債利回りを下回った。新型コロナウイルスによる肺炎の死者数が週末にSARS(2002~03年)の死者数を上回ったことで、リスク回避の米債買いが継続し、米10年債利回りが1.5%台前半へと低下したことによる。世界景気への下押し懸念がさらに強まるようだと、11年目に入っている米経済の拡大がピークアウトし減速に向かう可能性も意識されることになりそうだ。

米国で逆イールド発生

10年債利回りが3カ月物を下回る「逆イールド」が、またも発生

■米求人数は2カ月連続で減少、2年ぶりの低水準に

 気になる米経済指標も発表された。11日に発表された2019年12月の米雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人数(季節調整済み、速報値)は前月比36万4000件減の642万3000件とQUICK FactSet Workstationによる市場予想(688万8000件)を下回った。2カ月連続の減少で、2017年12月以来2年ぶりの低水準となった。

米求人件数JOLTS推移

米雇用動態調査(JOLTS)では、非農業部門求人数が急速に減少

  求人件数はなおも高水準にはあるが、19年末終盤に急速に減少したことから、「11年目に入っている米国の経済拡大がピークアウトする可能性に対する警告かもしれない」との慎重な見方もあるようだ。

<関連記事>

■米サプライズ指数が急上昇、連動性高いドルインデックスの支援材料に

著者名

QUICK Market Eyes 丹下 智博


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4063
信越化
18,305
+4.09%
2
8306
三菱UFJ
978
+2.73%
3
3,165
-3.65%
4
9101
郵船
3,040
-3.94%
5
5132
pluszero
6,400
+0.78%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
298
+36.69%
2
232
+27.47%
3
9914
植松商
851
+21.39%
4
523
+18.05%
5
523
+18.05%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2
-33.33%
2
701
-15.03%
3
765
-11.25%
4
955
-10.32%
5
2,420
-10.2%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
25,980
-1.1%
2
8306
三菱UFJ
978
+2.73%
3
4063
信越化
18,305
+4.09%
4
9101
郵船
3,040
-3.94%
5
5,800
+2.72%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる