QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日米金利差は12年以来の低水準、当時のドル円は70円台

日米金利差は12年以来の低水準、当時のドル円は70円台

QUICK Market Eyes=池谷信久

 9日のニューヨーク債券市場で長期金利は急低下した。30年債利回りは一時初めて1%を割り込み、10年債利回りも0.3%へ低下し過去最低を更新した。
 米長期金利の低下を受け日米の金利差が急速に縮小している。QUICK FactSet Workstationによると、10年債利回りの金利差は0.68%と2012年7月以来の低水準を付けた。
 12年は外為市場で70円台に円高ドル安が進んだ時期だ。足元では日米金利差とドル円の連動性は弱まっているものの、円高・ドル安への警戒感は続きそうだ。

日米金利差とドル円

著者名

QUICK Market Eyes 池谷 信久

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す