QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース TDK(6762) 減損損失計上や、新型コロナの影響などから、従来の業績見通しを減額修正

TDK(6762) 減損損失計上や、新型コロナの影響などから、従来の業績見通しを減額修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 豊田博幸(2020/03/27)
 
・今20/3期営業利益は一転して減益を予想
 会社は3月25日に、20/3期通期の業績計画の減額修正を発表。新型コロナウイルス感染症の拡大により、中国工場の操業度低下や、中国向けの販売が減少。加えて、20/3期4Qに175億円の減損損失を計上することが響く。自動車・産業機器向けの需要低迷の長期化により、短期的な収益の回復が困難と判断したためだ。企業価値研究所予想も会社計画と同額に見直し、従来の20/3期予想を売上高が1兆3800億円→1兆3600億円(前期比2%減)、営業利益が1250億円→950億円(同12%減)、純利益が860億円→580億円(同29%減)に減額する。20/3期営業利益は従来の増益から一転して減益を予想する。
 
・20/3期3Q累計は1%減収、15%営業増益
 20/3期3Q累計の連結売上高は前年同期比0.9%減の1兆627億円。米中貿易摩擦や世界経済の減速などに加え、為替変動が響いた。営業利益は前年同期比15.1%増の1092億円。受動部品の不振や、開発費増加などがあったものの、エナジー応用製品が販売数量の増加や生産効率の向上で採算性を改善したことが奏功した。
 
・リスクファクター ~HDDメーカーの集約
 
・アナリストの投資判断 ~当面は新型コロナの影響を注視する展開に
 これまでに取り組んできた構造改革の効果や、高採算のエナジー応用製品の好調も見込まれるが、自動車・産業機器向けの販売が鈍い。新型コロナウイルス感染による影響や、減損損失の計上なども響き、今20/3期の営業利益は前期比12%減の950億円を予想する。来期以降は営業増益が続くとみているが、当面は新型コロナウイルス感染の影響を注視する展開となろう。
 

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

著者名

豊田 博幸

調査部長

電機・精密担当


【プロフィール】
1985年、東京証券(現東海東京証券)入社。企業アナリストとして主に自動車、機械など製造業中心に担当したほか、投資情報業務にも従事。営業企画部や経営企画部など経営企画部門も経験。2000年、QBR(現QUICK企業価値研究所)に勤務。2011年より調査部長、現在に至る。「森羅万象、無駄になる情報は無し」を信条に、調査活動に従事する。


日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会 電気・精密機器専門部会 評価実施アナリスト

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す