QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 原油の上場投資商品に資金流入、運用対象はWTI 6~7月限で関心集める

原油の上場投資商品に資金流入、運用対象はWTI 6~7月限で関心集める

QUICK Market Eyes=片平正二

21日の米国市場でWTI原油に連動する上場投資商品(ETP)のユナイテッドステーツ・オイル・ファンド(コード:USO)に大規模な資金が連日で流入した。QUICK FactSet Workstationによれば9億237万ドルの資金流入となり、1週間で26億ドル超、1カ月で44億ドル超の流入を記録した。

この日の米国市場でUSOは大幅に8日続落し、25.06%安の2.81ドルで終えた。一時は2.31ドルまで下げて2006年に設定されて以来の安値を更新した。WTI原油先物相場では、20日に期近の5月限の価格が史上初めてマイナスに突入。21日もWTI原油先物が急落する中で個人投資家の押し目買い意欲が強いもようだ。

■原油クラッシュでETF償還

先物価格が大幅なマイナス圏に沈むといった異常事態は他の原油関連の上場商品にも大きな影響を与えている。WTI5月限のマイナスを受けて、iPathシリーズB GSCI原油トータルリターンインデックスETN(コード:OIL)を運用するバークレイズは20日、OILの全額を償還すると発表。20日をもって販売・発行を停止することも発表し、WTI5月限が急落したことを受けて期先へのロールオーバーを行った場合、リターン悪化が避けられないと判断したとみられた。

■6月物次第では・・・

一方、USOの投資対象は21日時点でWTI6月限、7月限、ICEのWTI原油先物6月限、7月限を投資対象としている。現月交代の2週間前に期先にロールオーバーする方針だといい、5月限がマイナスになったことによる早期償還リスクは避けられていた。

著名金融ブログのゼロ・ヘッジが21日に伝えたところによれば、USOはWTIの一部を8月限にしたほか、市場の状況によっては利用可能な任意の限月に投資するという。WTI6月限が40%、7月限は55%といい、既に中心限月の6月限よりも7月限のウエイトを高めているとのこと。ある外資系証券のトレーダーによると、USOの動向が外国人投資家の間でも話題になっているという。早期償還が続くようだと投資家心理を一段と冷え込ませかねない。

※ユナイテッドステーツ・オイル・ファンドのファンドフロー

ユナイテッドステーツ・オイル・ファンドのファンドフロー(QUICK FactSet Workstationより、単位・百万ドル)

<関連記事>

■逆オイルショック、投信にも波紋 「原油先物ファンド」の基準価額は…

■止まらぬ原油安、新興国が迎える危機 オイルマネー退潮が追い打ちに

■「原油市場は歴史的な崩壊」 NY先物の初のマイナスはなぜ起きた?回復シナリオは?

■原油先物は「超・コンタンゴ」 期先と期近の価格差が起こる仕組みとは

■NY原油先物、21年ぶり安値の14ドル台 限月交代前の手じまい売り、期近物に下落圧力

■「国際市場」香港にコロナ問題の逆風 世界景気の減速が直撃(Asiaウォッチ)

<マーケットの知力をお試し!金融クイズはコチラ

著者名

QUICK Market Eyes 片平 正二


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる