QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 【深読み説明会】ソニー、明るさ灯るテーマにも質問多く
この記事は公開から1年以上経過しております。

【深読み説明会】ソニー、明るさ灯るテーマにも質問多く

QUICK Market Eyes=阿部哲太郎

※ソニーの説明会のテキストマイニング

※ソニーの説明会のテキストマイニング

5月13日にソニーが開催した決算説明会の内容をSCRIPTS Asiaがテキスト化したデータをもとにテキストマイニングしたところ、「コロナウイルス」「ゲーム」「イメージセンサー」の文字が目立つ結果となった。
説明会では「2021年3月期は少なくとも3割営業減益」と十時裕樹最高財務責任者(CFO)は新型コロナウイルスの影響による厳しい事業環境を示した。サプライチェーンが打撃を受けているカメラやテレビなどの販売、製作活動が遅れる映画・音楽などが下押しする。
それでもアナリストやマスコミからの質問が多かった半導体イメージセンサーやゲーム事業では明るい材料も見受けられる。イメージセンサーの大判化による単価上昇、多眼化による数量拡大の中期的な見通しは変えておらず、今期のゲーム事業の目玉であるプレイステーション5の生産は予定通りだ。
吉田憲一郎社長兼CEOの就任3年目は同氏が掲げるテクノロジーに裏打ちされたクリエイティブ・エンターテイメントカンパニーに向け、波乱の船出となりそうだ。

<関連記事>

■【深読み説明会】トヨタ、「危機」が促す「変化」にメッセージ

■決算説明会を見逃すな 投資情報の宝庫を任天堂で解説

■【深読み説明会】日電産「5Gや電気自動車への変化の大波は変わらない」

■【深読み説明会】Zホールディングス、PayPayに関心集中

■【深読み説明会】NRI、テレワークの苦悩とビジネスチャンス

■【深読み説明会】ルネサス、コロナ影響で在庫に関心

■【深読み説明会】アドバンテスト、5G普及に向けた需要の追い風に関心

 

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる