QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 大成建設(1801) 新型コロナウイルスの影響で建築工事の完工粗利益率低下を見込む

大成建設(1801) 新型コロナウイルスの影響で建築工事の完工粗利益率低下を見込む

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2020/06/03)

・21/3期は完工粗利益率の低下で営業減益を予想
 21/3期の連結業績に関して企業価値研究所では、売上高1兆5500億円(前期比11%減)、営業利益1100億円(同34%減)を予想する。建築工事では、新型コロナウイルスの影響による着工遅れや一部の工事中断など、工程遅延の挽回費用などが発生するとみており、完工粗利益率は低下すると考える。

・中期的には堅調な受注環境を見込む
 続く22/3期の連結業績に関して当研究所では、売上高1兆6800億円(前期比8%増)、営業利益1300億円(同18%増)、23/3期は売上高1兆6600億円(前期比1%減)、営業利益1250億円(同4%減)を予想。中期的には堅調な受注環境が継続するとみている。

・20/3期は完工増などで営業9%増益
 20/3期の連結業績は、売上高が前期比6%増の1兆7513億円、営業利益が同9%増の1678億円だった。単体の完工粗利益率はほぼ横ばいで推移したが、完工高の増加などで連結全体でも営業増益だった。

・リスクファクター ~設備投資需要の減退など

・アナリストの投資判断 ~株価に戻り余地も、上値は限定的
 株価は17年11月に6620円を付けたあと、株式市場全体の下落などもあって下値を切り下げ、さらに新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、一時3000円を割り込んだ。足元は3000円台後半で推移している。当研究所では中期的な連結営業利益は1300億円前後と、20/3期(1678億円)までに比べると利益水準が切り下がると予想している。新型コロナウイルスの影響で株価も切り下がっており、株価に戻り余地はあるが、上値も限定的とみている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

著者名

細貝 広孝

シニアアナリスト

建設・不動産・住宅・住設セクター担当


【プロフィール】
早稲田大学社会科学部卒業後、QUICKに入社。営業本部にてセルサイド・バイサイド向け営業、情報本部にてQUICKのオリジナルコンテンツである「QUICKデリバティブズコメント」プロジェクトの立ち上げなどに携わった後、03年にQBR(現QUICK企業価値研究所)に出向してアナリスト業務に従事。食品セクター、紙パセクターを担当し、現在は建設・不動産を中心としたセクターを担当。
訪問取材に加え、建設現場や住宅・マンション販売の現場、工場などに赴き、「現場の声」を聞き、「現場の温度」を感じながら企業分析・レポート作成に活かしている。


日本証券アナリスト協会検定会員

日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会 建設・住宅・不動産専門部会 評価実施アナリスト

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

1801 建設業
大成建設
3,535
前日比+50 (+1.435%)
大成建設の株価を見る