QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 李禹煥、億を超える落札も【Art Market Review】
この記事は公開から1年以上経過しております。

李禹煥、億を超える落札も【Art Market Review】

2020年5月25日、新型コロナウイルス危機に対する緊急事態解除が宣言された。業種別に自粛も徐々に解け、3密を避けるために開催が延期されていたアートオークションも、5月中旬に毎日オークションでセールが開催されたのを皮切りに、6月に入りセールが開催されるようになった。

■予想上限を上回る高額落札

今回は、6月6日(土)に開催されたシンワオークションについてレポートする。本オークションは、3月28日(土)に開催を予定していたオークションで、バッグ・ジュエリー・時計のセールに加え、戦後美術&コンテンポラリーアート、近代美術(Part II)のセール内容となっている。セール全体の出来高は、全体落札総額2億1065万円(落札手数料含まず※以下同)、全体落札率83.00%と、コロナ禍による影響が懸念された中、活況を呈した。中でも、戦後美術&コンテンポラリーアート、近代美術Part Ⅱ では、311点の作品がセールにかけられ、出来高は、落札総額1億8667万5千円、落札率は87.78%という高い水準であった。コロナ禍の経済悪化を感じさせない力強いセール結果となっている。

最高額での落札となったのは、モーリス・ユトリロのパリ郊外の見通しの良い通りをモチーフとした白の時代の油彩・キャンバスの作品Lot356「郊外の通り」で、落札予想価格1500~2500万円のところ、1650万円で落札された。次いで、加山又造のLot257「不二」(紙本・彩色)。富士山が金泥で描かれた作品で、落札予想価格1000~2000万円のところ、1550万円で落札された。同様に富士山が群青で描かれた作品Lot258「青富士」の出品があったが、落札予想価格500~1000万円に対し、落札予想価格上限を上回る1100万円の高額落札となっている。オークションカタログ内で「加山又造の富士」という特集が組まれ、作品の重要性が見開きページで解説されており、そのことも高額落札への後押しとなったかもしれない。

■「もの派(※1)」の中心的作家、李禹煥

今回は、日本とフランスを拠点に国際的に活躍する韓国出身の現代美術家、李禹煥(リ・ウーファン,1936-)にスポットを当て、レポートする。

李禹煥は、1960年代末から70年代初めに日本で起こった芸術運動「もの派」の中心的な作家の一人で、理論的な基盤を築いた作家と言われる。 ガラスや鉄板などで構成され「対象物の配置のみ」のインスタレーションや、キャンバスに線や点を反復的に描いていく「From point」「From line」シリーズなどが代表作として広く知られている。

本セールでは、3点の版画作品が出品され、いずれも落札予想価格内、予想価格上限越えで落札されている。その中の1作品、Lot281 「IN MILANO 5」(150.0×89.0㎝)は、落札予想価格20~30万円に対し、上値の1.4倍の42万円で落札された。「IN MILANO 5」は、1992年に制作された5点組の版画(リトグラフ・ドライポイント)作品で、これまでも5点組や単品でセールにかけられることがあった。「IN MILANO」シリーズの単品作品の落札データを2015~2020年のオークションデータを抽出分析したACFパフォーマンス指標で読み解く。

※ACF美術品パフォーマンス指標:李禹煥、「IN MILANO」シリーズ
※2017年は国内で同作品の出品がなかった為、除外

落札価格平均は、10数パーセント程度の上下変動があるものの、全体としては35~42万程度の横ばい傾向で落ち着いている。2019年まで落札予想価格上限下限内に収まりながらの推移となるが、2020年になり、落札予想価格上限を上回る結果となっている。出品時の評価は多少下がることがあっても、大きな下落もない堅実さが見て取れる。時価指数も同様の動きを見せ40万前後で推移しており、こちらからも安定した銘柄であることがわかる。

※ACF美術品時価指数:李禹煥、「IN MILANO」シリーズ
※2017年は国内で同作品の出品がなかった為、除外

海外でも評価が高く、オリジナル作品は億を超える落札もあった李禹煥の作品。コレクションに検討してみてはいかがだろうか。

▼もの派とは(※1)

金属・土・石や木などのものを素材とし、多くの加工を施すことなく、空間・物の在り方や事柄など本質的な問いを表現した1970年前後の日本で起こった芸術運動。

(月1回配信します)


※アート・コンサルティング・ファーム提供  ⇒リポート全文はこちら
 ※次回のシンワオークション開催予定は3月28日


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
15,525
-3.86%
2
42,660
-3.7%
3
8058
三菱商
3,820
-5.37%
4
8031
三井物
2,829.5
-5.51%
5
1,196
-13.52%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,320
+29.41%
2
3686
DLE
404
+24.69%
3
1,560
+23.8%
4
1382
ホーブ
1,612
+22.86%
5
6,100
+19.6%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3,560
-16.03%
2
8018
三共興
535
-15.74%
3
241
-15.73%
4
2345
クシム
576
-14.79%
5
588
-14.53%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
12,605
-3.33%
2
15,525
-3.86%
3
42,660
-3.7%
4
5,131
-1.98%
5
7203
トヨタ
2,067
-1.57%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる