QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース テスラ株が上場来高値、4~6月期の損益の改善が伝わる

テスラ株が上場来高値、4~6月期の損益の改善が伝わる

最終更新 2020/7/1 07:56 テスラ 米株 QUICK Market Eyes

6月30日の米国株式市場で電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)が続伸、一時前日比8%高の1087.69ドルを付け、上場来高値を更新する場面があった。通常取引の終値は前日比6.98%高の1079.81ドルだった。

※テスラの株価

※テスラの株価

米国の自動車やエネルギーの専門サイトのエレクトレックは同日に、最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が従業員にあてたメールを入手した。「2020年4~6月期は収支が損益分岐点に近づいている。勝利を確実にするために全力を尽くしてほしい」との内容だったことが好感された。
 QUICKファクトセットによると20年4~6月期の市場予想の予想1株利益は1.12ドルの赤字となっている。(QUICK Market Eyes=阿部哲太郎)

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す