QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース シュローダーのCB投信、当初設定額が167億円 今年10番目の大きさ
この記事は公開から1年以上経過しております。

シュローダーのCB投信、当初設定額が167億円 今年10番目の大きさ

シュローダー・インベストメント・マネジメントが28日に新規設定した「シュローダー先進国好利回りCBファンド2020-07(限定追加型)」(20311207)の当初設定額は167億円だった。今年に入り運用を開始した国内公募投資信託(ETF除く)で10番目の大きさだった。販売会社は三菱UFJモルガン・スタンレー証券と三菱UFJ信託銀行の2社。

同ファンドは相対的に利回りが高い先進国の転換社債(CB)に投資する。信託期間は5年で、購入申し込みは20年8月7日までのみ受け付ける限定追加型。

先進国のCBに投資する限定追加型の新規設定は今年2本目となる。6月に設定された「JPMグローバル高利回りCBファンド(限定追加型)2020-06」(17311206)は、当初設定額で293億円を集め今年の4位。純資産総額(残高)は7月27日時点で472億円に増えている。

(QUICK資産運用研究所=西本ゆき)

著者名

QUICK資産運用研究所 西本 ゆき


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる