QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 年末の日経平均予想を2万3000円に引き上げ=野村証券
この記事は公開から1年以上経過しております。

年末の日経平均予想を2万3000円に引き上げ=野村証券

野村証券は8月5日付の日本株ストラテジーリポートで、日経平均の2020年末予想値を2万1000円から2万3000円に引き上げた。来期予想ベースPER(株価収益率)が従来の14.5倍から過去のレンジ上限に近い15.1倍に想定を引き上げている。

4~6月期の企業業績が想定より悪くなかったこと、外部環境の不透明要因と株安材料が減っている点が理由として挙げられた。

4~6月期決算は「新型コロナへの耐性が強い業種ほどアナリスト予想を上回る傾向が鮮明」とし、「4~6月期の優勝劣敗は、来期にかけての業績の2極化を示唆していよう」との見方が示されている。

高バリュエーションを見込む理由に、「(1)米金融政策は年内、ハト派姿勢が堅持される可能性が高い、(2)業績の2極化はグロース株への資金流入を呼び込む形で全体のPER押し上げに作用、(3)新型コロナ感染の第2波、第3波の発生という潜在リスクが要求する株価の割引率は、感染データの蓄積、対応効率の改善とともに低下をたどる」との予想が示されている。QUICK Market Eyes  大野弘貴)

<金融用語>

バリュエーションとは

企業の利益・資産などの企業価値評価のこと。 本来の企業価値と現在の株価を比較して、株価が相対的に割安か割高かを判断する具体的な指標としては、株価純資産倍率(PBR)や株価収益率(PER)、配当利回りなどがある。

著者名

QUICK Market Eyes 大野 弘貴


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
654
+12.95%
2
4,241
-1.66%
3
67,370
-1.27%
4
13,080
+3.64%
5
10,100
+65.57%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
10,100
+65.57%
2
107
+38.96%
3
1382
ホーブ
2,012
+24.81%
4
2,040
+24.39%
5
57
+23.91%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
8,100
-22.85%
2
1,082
-21.7%
3
9552
M&A総合
1,999
-13.98%
4
6619
WSCOPE
1,924
-13.87%
5
3686
DLE
352
-12.87%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
12,810
+1.62%
2
15,835
+1.99%
3
654
+12.95%
4
42,410
-0.58%
5
5,283
+2.96%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる