QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース オービック(4684) 27期連続営業増益に向け1Qは12%営業増益と好スタート

オービック(4684) 27期連続営業増益に向け1Qは12%営業増益と好スタート

QUICK企業価値研究所アナリスト 前田俊明(2020/08/06)

・1Qはクラウドサービスの成長が牽引
 21/3期1Qの連結業績は前年同期比4%増収、同12%営業増益。一部で新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、クラウドサービスの成長が牽引した。企業価値研究所は27期連続営業増益に向け好スタートを切ったと判断している。1Q業績が概ね想定線で進捗したことから、通期の連結業績予想を据え置く。

・運用支援サービス、クラウドサービスが成長の支えに
 同社は新型コロナ感染症対策として、会社全体で業務が滞らないようリモートワークを推進。営業活動では顧客へ直接訪問せずにテレビ会議などで対応している。顧客企業の投資の意思決定は平時に比べると時間がかかると想定され、当研究所は新規案件の獲得ペースがやや鈍るとみている。システムインテグレーション事業は成長率が下がりそうだが、同社の強みはシステムサポート(SS)事業にある。システム稼働後に運用支援サービスを提供しているほか、クラウドサービスの収益もSS事業に入る。安定収益源として、クラウドサービスや運用支援サービスは新型コロナの逆風下でも業績を支えると考える。

・リスクファクター ~不採算案件の発生、景気後退

・アナリストの投資判断 ~中長期的に利益成長に伴う株価上昇を予想
 指標面では割安感に乏しく過熱感があると考えるが、豊富な手元流動性を持ち強固な健全性を誇るなど、株式市場で高評価につながっていると考える。当研究所はこれまでと同じく、(1)営業増益が続く安定的な収益構造かつ、高い利益率、(2)潤沢な手元流動性を持つ強固な財務基盤、(3)高ROE(自己資本利益率)――を評価している。当面は現状の株価水準を中心に推移し、中長期的には利益成長に伴って上値を切り上げるとみる。同社への投資は中長期的なスタンスで考えたい。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

著者名

前田 俊明

シニアアナリスト

情報通信、サービスセクター担当

 

【プロフィール】

独立系のシステム開発会社に入社。システムエンジニアとして金融機関のシステム構築案件に携わる。QBR(現QUICK企業価値研究所)入社後は、主に情報通信業界、サービス業界の企業調査を担当。各種資料をベースとしたファンダメンタル分析に重きを置きつつ、訪問取材を継続的に実施し、資料では捉えにくい企業の機微を感じ取るようにしている。

 

日本証券アナリスト協会検定会員

日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会 コンピューターソフト専門部会評価実施アナリスト

東京証券取引所が運営する「アナリストレポート・プラットフォーム(ARP)」の企業調査レポートの作成を担当

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

オービック
18,810
前日比+500 (+2.731%)
オービックの株価を見る