QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「安倍辞任」で先物売り、手口で判明した売り方は?
この記事は公開から1年以上経過しております。

「安倍辞任」で先物売り、手口で判明した売り方は?

28日の日経先物9月限は大幅に3日続落し、前日比320円安の2万2890円で終えた。売買高は7万8527枚と、6月16日以来、およそ2カ月半ぶりの大商いだった。

日経先物の売り方はシティグループ証券の2574枚(買い方見えず)で、買い方はABNアムロCLの1504枚、ソシエテ証券の1049枚だった。安倍首相の辞任意向報道を受けて、アムロ・ソシエテ経由の短期売買が2枚を超えて膨らみ、商品投資顧問業者(CTA)とみられる商いが活況だった。立会外ではシティグループ証券が1492枚を売り越した一方で、買い方に1000枚を超える傾きはなかった。

TOPIX先物の主な売り方は大和証券が1384枚、ゴールドマン・サックス証券が1280枚、買い方はバークレイズ証券の1915枚だった。
立会外では大和証券が2700枚、モルガン・スタンレーが2050枚を売り越した。その一方でソシエテ証券が1692枚、シティグループ証券が1200枚を買い越した。(QUICK Market Eyes 川口 究)

日経平均先物の日中足

 

著者名

QUICK Market Eyes 川口 究


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる