QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 裁定取引の買い残が2週ぶりに減少

裁定取引の買い残が2週ぶりに減少

最終更新 2020/9/16 15:35 裁定取引 QUICK Market Eyes

東京証券取引所が16日発表した11日時点の裁定取引に係る現物ポジションで、買い残は前週に比べて1864億円減の3665億円だった。2週ぶりに減少した。一方、売り残は474億円増の1兆7441億円だった。2週連続で増加した。

裁定取引chart

<金融用語>

裁定取引とは

価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のこと。アービトラージともいう。 マーケットの価格が理論価格に近づき、乖離(かいり)がなくなることで、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行うことによって収益化する。 現在、裁定取引が活発に行われているのは、証券の現物市場と先物などの派生証券との間、同一の先物で異なる限月の間での裁定取引である「限月スプレッド」、異なる先物市場間(例えば、大阪取引所SGX)での裁定取引である「市場間スプレッド」などがある。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す