QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース クラリダFRB副議長が火消しに走る、「2%になる前に利上げの可能性」を否定
この記事は公開から1年以上経過しております。

クラリダFRB副議長が火消しに走る、「2%になる前に利上げの可能性」を否定

最終更新 2020/9/24 08:17 クラリダ エバンス FRB QUICK Market Eyes

United States Federal Reserve System symbol (FED) on the globe background, business and financial concept

23日に米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長がTVインタビューで「2%のインフレ率が実際に少なくとも数カ月続き、さらに完全雇用を達成するまで金融当局が利上げを検討することはない」と、現在の低金利政策が長期化することを改めて示した。

同日、米シカゴ連銀のエバンズ総裁も「労働市場が完全雇用に達し、インフレ率が”持続的に”2%を維持するまでFRBは金利をゼロに据え置く」とオンラインイベントで述べた。さらに、「インフレ率が2%を明確に上回り、2.5%やそれを上回る水準を追い求めて緩和を強化することを恐れていない。さらに緩和が必要ならばそうするだろう」と早期緩和解除の思惑を退け、むしろ追加緩和の可能性を示唆した。

■前日には・・・

前日22日に米シカゴ連銀のエバンス総裁は「インフレ率が平均で2%になり始める前に利上げを開始する可能性もある。われわれはそれについて議論する必要がある」と述べ、長期緩和観測が後退する場面があった。

エバンス・シカゴ連銀総裁は自らの発言を修正するとともに、クラリダ副議長が直ちに「火消し」に走る格好となったと受け止められたようだ。(QUICK Market Eyes 丹下 智博)

著者名

QUICK Market Eyes 丹下 智博


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる