QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース IFAのJAM、地銀向け「営業人材育成事業」を開始
この記事は公開から1年以上経過しております。

IFAのJAM、地銀向け「営業人材育成事業」を開始

独立系金融アドバイザー(IFA)のジャパン・アセット・マネジメント(JAM、東京・千代田)は15日、地方銀行向けにリテール営業人材の育成事業を開始したと発表した。2021年末までに4行の地銀への導入を目指す。

JAMは野村証券のトップ営業マンだった堀江智生氏が2018年2月に独立して創業。2年半で175億円の預かり資産を達成し、コロナ禍でも前年同月比で200%超の増収を記録した。新たに始めた人材育成事業では、高い営業実績を持つ同社所属のIFAが講師となり、地銀のリテール営業担当者に顧客目線の商品提案ノウハウなどを伝授する。

提供するプログラムではオンラインと対面での研修をまじえながら、株式・債券など証券の基礎知識やポートフォリオの考え方、元大手証券のトップセールスが実践していた営業手法などを学ぶ。また、アフターコロナ対策として、バーチャル面談の効果的なやり方や顧客とのコミュニケーションのコツなども教わる。

JAMでは「地方銀行向けリテール営業人材の育成事業は日本の金融リテラシーを高め、日本の金融業界の変革につながる」としている。

◇JAMのプレスリリースはこちら

(QUICK資産運用研究所=竹川睦)

著者名

QUICK資産運用研究所 竹川 睦


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる