QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 【来週のマーケット展望】円は104円台うかがう、株は底堅く推移か

【来週のマーケット展望】円は104円台うかがう、株は底堅く推移か

来週(10月19~23日)の外国為替市場で円相場は上昇し、1ドル=104円台をうかがう展開か。欧米では新型コロナウイルスの感染者が再び拡大しており、英国やフランスは外出制限などの規制を打ち出した。景気悪化への警戒感から投資家の間でリスク回避姿勢が強まっており「低リスク通貨」とされる円は買われやすい状況にある。

11月3日に米大統領選を控え、その結果を見極めるまでは積極的な売買は手控えられやすい。10月19日には中国で7~9月の国内総生産(GDP)や9月の小売売上高などの経済指標が発表される。中国では新型コロナの感染が抑えられており、相対的に良好な結果となれば世界経済が下支えされるとの期待から円が売られる場面もありそうだ。こうした理由から、市場では「円高が一方的に進む展開は想定しにくい」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩氏)との声もある。

同期間の東京株式市場で日経平均株価は2万3300円~2万3600円程度の狭いレンジで推移しそうだ。企業の決算発表の本格化や米大統領選を前に持ち高を一方向に傾けにくい。

「今週、欧州での新型コロナの感染再拡大や米国の追加の経済対策を巡る協議の停滞などで不透明感が強まった場面でも、日本株の下げ幅は限定的だった。下値の堅さが改めて意識されるだろう」(岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジスト)との指摘もある。追加の経済対策の進展など好材料が出れば、日経平均は2万3800円程度まで上昇する可能性もある。

海外勢の動向にも注目が集まっている。15日に東証が発表した投資部門別売買状況によると、5~9日に海外勢は現物株を大幅に買い越していた。「国内の新型コロナの感染者数の少なさや、第3次補正予算への期待から、日本株への注目度が高まっている可能性がある」(岡三オンラインの伊藤氏)との見方もあり、日経平均は底堅く推移しそうだ。

【主な予定】

◇19日(月)

・9月の貿易統計(財務省、8:50)
 ・1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
 ・AI/SUM & TRAN/SUM with CEATEC 2020(日本経済新聞社、22日まで)
 ・4~9月期決算=光世証
 ・7~9月期の中国国内総生産(GDP、11:00)
 ・9月の中国工業生産高(11:00)
 ・9月の中国小売売上高(11:00)
 ・1~9月の中国固定資産投資(11:00)
 ・1~9月の中国不動産開発投資(11:00)
 ・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がパネル討議に参加(21:00)
 ・10月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
 ・クラリダFRB副議長が講演(20日0:45)
 ・海外7~9月期決算=ハリバートン、IBM

◇20日(火)

・閣議
 ・9月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
 ・20年物利付国債の入札(財務省、10:30)
 ・9月の首都圏・近畿圏のマンション販売(不動産経済研究所、13:30)
 ・9月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、14:00)
 ・豪中銀が金融政策会合議事要旨を発表(9:30)
 ・9月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
 ・10月の中国最優遇貸出金利(LPR、10:30)
 ・ハンガリー中銀が政策金利を発表
 ・9月の米住宅着工件数(21:30)
 ・海外7~9月期決算=プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、トラベラーズ、ネットフリックス、テキサス・インスツルメンツ(TI)、スナップ

◇21日(水)

・10月の主要銀行貸出動向アンケート調査(日銀、8:50)
 ・桜井日銀審議委員が福井県金融経済懇談会にオンラインであいさつ(10:30)
 ・9月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
 ・9月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
 ・桜井日銀審議委員がオンラインで記者会見(14:30)
 ・鈴木日証協会長の記者会見(14:30)
 ・9月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:15)
 ・4~9月期決算=ジャフコG
 ・9月の英消費者物価指数(CPI、15:00)
 ・米地区連銀経済報告(ベージュブック)(22日3:00)
 ・海外7~9月期決算=バイオジェン、ベライゾン・コミュニケーションズ、ザイリンクス、ラムリサーチ、テスラ

◇22日(木)

・対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
 ・6カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
 ・生活意識に関するアンケート調査(日銀、13:30)
 ・9月の百貨店売上高(14:30)
 ・4~9月期決算=中外薬、ディスコ
 ・トルコ中銀が政策金利を発表
 ・9月の米中古住宅販売件数(23:00)
 ・9月の米景気先行指標総合指数(23:00)
 ・米大統領候補の討論会
 ・海外7~9月期決算=AT&T、コカ・コーラ、インテル

◇23日(金)

・閣議
 ・8月の毎月勤労統計確報(厚労省、8:30)
 ・9月の全国消費者物価指数(CPI、総務省、8:30)
 ・3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
 ・10月の月例経済報告
 ・4~9月期決算=東京製鉄、岩井コスモ
 ・タイが休場
 ・ロシア中銀が政策金利を発表
 ・9月の英小売売上高(15:00)
 ・10月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:15)
 ・10月の独PMI速報値(16:30)
 ・10月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
 ・10月の英PMI速報値(17:30)
 ・10月の米PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
 ・海外7~9月期決算=アメリカン・エキスプレス

(注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す