QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース フィットネス機器の米ペロトン株に売り、コロナ禍の株価急騰で反動が鮮明

フィットネス機器の米ペロトン株に売り、コロナ禍の株価急騰で反動が鮮明

ペロトンの株価

22日の米国株式市場でフィットネス機器のペロトン・インタラクティブ(PTON)が大幅に3日続落した。通常取引の終値は、前日比2.81%安の120.80ドルだった。外資系証券による投資判断の引き下げも重しとなった。

ゴールドマン・サックスは、21日付のリポートで格付けを「買い」から「中立」へ引き下げた。目標株価は、138ドルから140ドルに引き上げた。
 リポートでは、株価の上昇一服を警戒しているようだ。2019年10月21日付で同社を米国株の買いリストにピックアップして以来、S&P500指数は約14%上昇したのに対して、ペロトン株は約5.6倍と大きく上昇した。同社の長期的な成長を引き続き期待しており、現在の新型コロナウイルスの世界的流行がフィットネス製品の購買意欲を加速することを見込む。

ただ、最近の業績不振もあって、株価は基本的に当初の目標である138ドルに到達しており、短期的な上昇期待の多くがすでに織り込まれていることを示唆している。また、ロサンゼルス港の混雑による出荷遅延を受けて20年10~12月期の業績見通し(11月5日の20年7~9月期決算で開示)がネガティブなものになる可能性があるとし、株価下落の際は良いエントリー・ポイントになるだろうとした。(QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎)

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる