QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース [テーマ株]GoTo関連株への資金流入が鮮明 上昇率トップは「食べログ」のカカクコム

[テーマ株]GoTo関連株への資金流入が鮮明 上昇率トップは「食べログ」のカカクコム

政府の旅行や外食支援の「GoToキャンペーン」関連株への資金流入が鮮明となっている。QUICKが選定する25銘柄の11月10日までの過去5営業日平均の上昇率は11.82%と、同期間の東証株価指数(TOPIX)のプラス5.77%を上回って推移している。

米製薬大手のファイザーの新型コロナウイルスワクチンへの開発期待の高まりで、10日の東京株式市場では、レジャー、運輸、外食、旅行関連などこれまでコロナの影響が大きかった業種の株に急速に資金が向かった。「GoToトラベル」の利用者は7月の事業開始から10月15日までに少なくとも延べ3138万人にのぼるとみられている。大和総研は、「GoToトラベル」が全企業の経常利益を約3.4兆円押し上げると試算している。

個別では、上昇率トップは価格比較サイトのカカクコム(2371)で期間中、23%の上昇となった。同社はグルメ予約サイトの「食べログ」を運営している。5日の2020年4~9月期の連結決算(国際会計基準)の発表時に開示した「食べログ」のネット予約人数は10月19日週時点で前年水準の223.5%、コロナ前水準の183.9%と急伸した。10月に開始した外食促進の「GoToイート」キャンペーンの効果で大きく寄与した。

■GoToキャンペーンのテーマ株はコチラ

新型コロナウイルスの感染収束を見極め、観光需要喚起を促す政府の試みであるGo To キャンペーン。甚大な被害を受けている観光業について、飲食業、イベント・エンターテイメント業などを支援する取組に併せて、官民一体型の需要喚起キャンペーンを実施・宿泊・日帰り旅行商品の割引や、観光地周辺の土産物店・飲食店・観光施設・交通機関等で幅広く使用できるクーポンの発行に対して支援を行い、地場の消費を喚起するとしている。アフターコロナの銘柄として注目である。

コード 銘柄名 5営業日の騰落率 時価総額(億円)
2371 カカクコム 22.63% 7,120
9206 SFJ 20.86% 66
9376 ユーラシア 18.55% 26
7048 ベルトラ 18.52% 138
6030 アドベンチャ 17.40% 317
6098 リクルートHD 16.95% 79,523
3926 オープンドア 16.64% 404
6548 旅工房 16.03% 53
6577 ベストワン 15.98% 22
9202 ANA 14.51% 9,165
9020 JR東日本 13.09% 24,524
9603 エイチ・アイエス 12.72% 1,158
9021 JR西日本 12.46% 10,022
9022 JR東海 11.09% 30,869
9042 阪急阪神 10.15% 9,433
6561 HANATOUR 9.39% 76
9066 日 新 9.12% 306
9142 JR九州 8.39% 3,809
9062 日 通 7.60% 6,816
2440 ぐるなび 7.54% 312
9201 JAL 7.51% 6,564
4755 楽 天 6.24% 15,938
9726 KNTCT 4.05% 266
6191 エアトリ 3.46% 278
4689 ZHD -5.40% 29,598
平均   11.82%  
  TOPIX 5.77% 6,564,835

QUICK Market Eyes  阿部哲太郎)

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる