QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 海外投資家は3週ぶりの買い越し、個人は売り越し ─ 投資主体別動向(11/2~11/6)

海外投資家は3週ぶりの買い越し、個人は売り越し ─ 投資主体別動向(11/2~11/6)

最終更新 2020/11/12 15:06 投資部門別

東京証券取引所が11月12日発表した11/2~11/6の投資主体別売買動向(東証、名証2市場の合計)によると、海外投資家は現物株を3週ぶりに買い越した。買い越し金額は3573億円だった。前の週は1061億円の売り越しとなっていた。

現物と先物を合算すると海外投資家は1兆993億円の買い越しとなった。日経先物を4659億円買い越し、TOPIX先物は2761億円買い越した。

個人投資家は現物株を4週ぶりに売り越した。売り越し額は4311億円。前の週は876億円の買い越しとなっていた。

※投資部門別売買状況(現物先物合計売買差引き、週次).png


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる