QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース [テーマ株]総合デベロッパー関連株への資金流入が鮮明 上昇率トップは大和ハウス

[テーマ株]総合デベロッパー関連株への資金流入が鮮明 上昇率トップは大和ハウス

QUICK Market Eyes  阿部哲太郎】総合デベロッパー関連への資金流入が鮮明となっている。QUICKが選定する8銘柄の11月24日までの過去10営業日平均の上昇率は12.81%と、同期間の東証株価指数(TOPIX)のプラス4.78%を大きく上回って推移している。

総合でべの合成指数

※総合デベロッパー関連株を合成指数化(青)

個別では、上昇率トップは大和ハウス(1925)で期間中の上昇率は23%となった。新型コロナウイルスの影響で企業の工場やホテルの新設の案件が軒並み延期となっており、逆風が続いている。一方でテレワークや戸建て物件への需要は着実に増加。さらに巣ごもり需要によるEC(電子商取引)の活況から物流施設の開発が増加。10月から千葉県印西市(千葉ニュータウン)で日本最大のデータセンターの開発に着手するなど新型コロナウイルス後の新たな流れに対応した取り組みを進めている。株価は短期では上昇が続いているが、2018年高値の4594円を未だに大きく下回っていることから見直し買いが続きそうだ。

■総合デベロッパーのテーマ株

商業施設、公共施設、住宅等、地域全体の不動産企画、開発、販売を総合的に行う。

コード 銘柄名 5営業日の騰落率 時価総額(億円)
1925 大和ハウス 9.13% 23,245
3231 野村不HD 7.36% 4,162
8830 住友不 7.06% 16,782
3289 東急不HD 6.33% 3,714
8801 三井不 5.07% 21,907
8802 菱地所 4.99% 25,676
8804 東建物 4.48% 2,930
6620 宮越HD 0.42% 277
平均   5.61%  
  TOPIX 1.76% 6,708,020

※他にはどんなテーマ株があるの?詳細はコチラ

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる