QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 来週のマーケット展望 円は103円台で強含み、株は利益確定で下落も

来週のマーケット展望 円は103円台で強含み、株は利益確定で下落も

来週(11月30日~12月4日)の外国為替市場で円相場は強含みか。国内の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京都は25日、酒類を提供する飲食店などに対し営業時間の短縮を要請した。消費の冷え込みによって国内景気の回復が遅れるとの見方から「低リスク通貨」とされる円は買われやすい。直近の高値圏である1ドル=103円70銭前後が目先の上値メドとして意識される。

米連邦準備理事会(FRB)が25日に公表した11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、早ければ12月の次回会合で量的緩和の拡大を検討する方針であることがわかった。追加緩和の有無を占う上で、4日発表の11月の米雇用統計などの経済指標への注目度が高まっている。一方、日銀が近く追加緩和に踏み切るとの見方は現時点でほとんどない。日米中銀の緩和姿勢の違いは「ドルが売られやすい地合い」(外為オンラインの佐藤正和氏)につながり、円相場の押し上げ要因となる。

同期間の東京株式市場で日経平均株価は下落しそうだ。日経平均は11月に入り3000円超上昇しており、短期的な過熱感は強い。主要企業の4~9月期決算発表の通過で新規の買い材料も乏しく、徐々に利益確定売りが優勢となる可能性が高い。国内外における新型コロナの感染拡大が売りを促す場面もあるだろう。

一方、11月下旬から支払いが本格化する中間配当の再投資の思惑や、新型コロナワクチンの供給開始への期待は相場の支えとなる。11月の米雇用統計をはじめとした米中の経済指標の改善や、米クリスマス商戦の好調などが確認されれば「景気回復期待から、リスク資産に対する投資意欲が一段と高まる」(国内証券ストラテジスト)との声があった。

【主な予定】

◇11月30日(月)

・10月の鉱工業生産指数速報値(経産省、8:50)
・10月の商業動態統計(経産省、8:50)
・東証2部上場=バリオセキュア
・10年物利付国債の入札(財務省、10:30)
・11月のQUICK月次調査<債券>(11:00)
・10月の建設機械出荷額(建設機械工業会、13:00)
・10月の自動車輸出実績(自工会、13:00)
・10月の住宅着工(国交省、14:00)
・11月の為替介入実績(財務省、19:00)
・11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
・11月の中国非製造業PMI(10:00)
・フィリピン、インドが休場
・11月の独消費者物価指数(CPI)速報値
・11月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)(23:45)
・10月の米仮契約住宅販売指数(1日0:00)
・海外8~10月期決算=ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ

◇12月1日(火)

・閣議
・10月の失業率(総務省、8:30)
・10月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
・QUICKコンセンサスDI(11月末時点、8:30)
・7~9月期の法人企業統計(財務省、8:50)
・野村HDの投資家向け説明会(9:45)
・桜田同友会代表幹事の記者会見(13:30)
・11月の新車・軽自動車販売台数(自販連・全軽自協、14:00)
・5~10月期決算=伊藤園
・債券市場サーベイ(11月調査、日銀、16:00)
・11月の財新中国製造業PMI(10:45)
・豪中銀が政策金利を発表(12:30)
・11月の独失業率
・11月のユーロ圏消費者物価指数(HICP、速報値、19:00)
・11月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(2日0:00)
・10月の米建設支出(2日0:00)
・海外8~10月期決算=セールスフォース・ドットコム

◇2日(水)

・11月のマネタリーベース(日銀、8:50)
・雨宮日銀副総裁が秋田県金融経済懇談会であいさつ(10:30)
・30年物利付国債の入札(財務省、10:30)
・三村日商会頭の記者会見(13:30)
・11月の消費動向調査(内閣府、14:00)
・雨宮日銀副総裁が記者会見(14:30)
・11月の国内ユニクロ既存店売上高(15:00)
・11月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
・7~9月期の豪国内総生産(GDP)
・10月のユーロ圏失業率(19:00)
・ポーランド中銀が政策金利を発表
・11月の米ADP全米雇用リポート(22:15)
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)(3日4:00)
・海外8~10月期決算=スノーフレイク、クラウドストライク・ホールディングス、オクタ

◇3日(木)

・12月の日銀当座預金増減要因見込み(日銀、8:50)
・対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
・鈴木日銀審議委員が福島県金融経済懇談会であいさつ(10:30)
・鈴木日銀審議委員が記者会見(14:30)
・10月の豪貿易収支
・11月の財新中国非製造業PMI(10:45)
・10月のユーロ圏小売売上高(19:00)
・11月の米ISM非製造業景況感指数(4日0:00)
・海外8~10月期決算=ドキュサイン、マーベル・テクノロジー・グループ

◇4日(金)

・閣議
・12月のQUICK短観(8:30)
・3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
・11月の輸入車販売(日本自動車輸入組合、10:30)
・11月の車名別新車・軽自動車販売(自販連と全軽自協、11:00)
・10月の豪小売売上高
・インド中銀が政策金利を発表
・11月の米雇用統計(22:30)
・10月の米貿易収支(22:30)
・10月の米製造業受注(5日0:00)

(注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる