QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 急落のリクルート株が下げ幅を縮小したワケ、株式売り出しは懸念材料のみにあらず

急落のリクルート株が下げ幅を縮小したワケ、株式売り出しは懸念材料のみにあらず

【日経QUICKニュース(NQN) 尾崎也弥】12月1日の東京株式市場でリクルートホールディングス(6098)が一時、前日比5.6%安の4153円まで売られた。同社の株主8社が持つ政策保有株について最大9472万株(発行済み株式総数の約5.59%)を売り出すと発表したのがきっかけ。30日終値ベースで4167億円に上る規模となり、株式需給の悪化を懸念した売りに押された。一方、中長期的には前向きにみて...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる