QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 指数イベントーJPX日経400の定期入れ替えと子会社の非上場化が指数へ与える影響

指数イベントーJPX日経400の定期入れ替えと子会社の非上場化が指数へ与える影響

QUICK Market Eyes  大野弘貴、川口究】

■JPX日経400定期入れ替え、採用銘柄は直前半年以上にわたって堅調に推移=SMBC日興

SMBC日興証券は10日付リポートで2021年8月に実施されるJPX日経400指数の定期入れ替えに伴う採用・除外銘柄を予想した。リポートによると17年8月以降、4年間の定期入れ替えでは採用された銘柄の年末~7月末までの平均累積リターンが約23%となったという。一般的に指数の入替は、入れ替え内容が公表される直前や実際の入替の直前にパフォーマンスが高まる傾向が多い。一方、JPX400に関しては、半年以上にわたって堅調にパフォーマンスが得られるという。

日本経済新聞社と東京証券取引所による正式発表は21年8月6日、リバランスは同月30日の大引けで発生する。

・採用候補銘柄

コード 銘柄略称 推定インパクト(日)
6502 東芝 1.78
9143 SGHD 2.74
8919 カチタス 2.2
8194 ライフコーポ 0.79
3941 レンゴー 1.53
9090 丸和運輸 0.92
6235 オプトラン 0.71
6055 Jマテリアル 2.09
8892 日本エスコン 1.08
6370 栗田工 2.77
7516 コーナン商事 1.17
6361 荏原 2.01
8586 日立キャピ 1.21
8425 ミズホリース 2.66
1417 ミライトHD 2.05
1942 関電工 1.69
9418 USENNEXT 0.22
3244 サムティ 0.44
7947 エフピコ 2.22
4553 東和薬品 1.84
3923 ラクス 0.29
4321 ケネディクス 0.33
1414 ショーボンド 2.79
2281 プリマハム 1.86
9759 NSD 2.95
4751 サイバエージ 1.3
9069 センコーGHD 2.66
6323 ローツェ 0.57
9519 レノバ 0.11
1973 NESIC 0.6
6183 ベル24HD 1.63
4928 ノエビアHD 2.71
6197 ソラスト 2.06
9787 イオンディライ 1.89
1407 ウエストHD 0.2
6544 JESHD 1.1
6080 M&Aキャピ 0.94
6727 ワコム 0.5
2607 不二製油 1.8
4812 ISID 0.97

・除外候補銘柄

コード 銘柄略称 推定インパクト(日)
9603 エイチ・アイエス -0.15
9202 ANA -0.69
5411 JFEHD -1.11
9201 JAL -0.37
9706 空港ビル -1.79
5401 日本製鉄 -1.36
9024 西武HD -1.63
9021 JR西日本 -1.08
7261 マツダ -0.8
4324 電通G -1.79
4755 楽天 -0.86
7731 ニコン -0.49
4666 パーク24 -0.44
3197 すかいHD -1.4
3086 Jフロント -0.99
7458 第一興商 -1.73
9041 近鉄GHD -3.48
9008 京王 -2.81
9009 京成 -2.31
9003 相鉄HD -4.06
6588 東芝テック -1.29
6770 アルプスアル -0.48
9007 小田急 -2.7
2222 寿スピリッツ -0.75
9044 南海電 -2.36
9048 名鉄 -3.73
9142 JR九州 -1.47
5021 コスモエネHD -1.58
7282 豊田合 -1.26
4202 ダイセル -0.66
7453 良品計画 -0.75
5110 住友ゴム -0.67
3543 コメダ -1.49
6481 THK -1.82
9045 京阪HD -4.34
6113 アマダ -1.1
6877 OBARA-G -1.72
3405 クラレ -1.67
1720 東急建設 -1.81

※総合スコア順位、昇順
 推定インパクトは12月7日までの25日営業日平均売買代金を基に算出

■日経平均採用の上場子会社が上場廃止となった場合の採用候補銘柄=SMBC日興

SMBC日興証券は9日付リポートで、2021年春に再改定が予定されるコーポレートガバナンス・コードで課題の1つとして挙げられている「グループガバナンスの在り方」に触れ、上場子会社のガバナンス体制の厳格化が求められていることに伴い、「親会社が保有する子会社株の一部売却や、逆に親会社による上場子会社の買収などの企業イベントが、今後増加する可能性も考えられる」と指摘した。親会社が上場子会社を買収し、上場廃止するケースでは、「他の構成銘柄への再投資に伴う買いインパクトが見込まれるほか、当該子会社が日経平均構成銘柄であれば、銘柄の入れ替えも発生する」という。

現在の日経平均構成銘柄のうち、他の上場会社によって15%以上保有されている上場子会社は14銘柄。これらの銘柄の業種は、技術8銘柄、資本財3銘柄、消費2銘柄、素材1銘柄となっている。これらの銘柄が親会社に買収される場合、上場廃止が9月(日経平均の定期入替)前後でなければ、代替候補は同じ業種から選ばれ、原則として流動性順位の高い銘柄を選ぶ。特に最近は、他の日経平均銘柄への影響を抑えるため、削除される銘柄と構成比が近いことが意識されているという。

各銘柄について、同じ業種に属し、流動性順位が上位10位以内の非採用銘柄の中から、みなし額面株価が近く妥当な銘柄を入替候補銘柄として抽出した。

上場子会社が上場廃止にならない限りはこれらの銘柄が日経平均に採用される可能性は低いが、「今後のコーポレートガバナンスに関する議論次第では、指数入替候補として注目を集める可能性も考えられよう」との見解を示した。

また上場子会社ではないものの、ソフトバンクグループ(9984)のMBO(経営陣が参加する買収)に関して、MBOで上場廃止となる場合、同じ理由から村田製作所(6981)が代替候補となる可能性が高いという。

・日経平均構成銘柄のうち、上場子会社およびソフトバンクG

子会社 親会社 採用候補
コード 銘柄名 コード 銘柄名 コード 銘柄名
4151 協和キリン 2503 キリン 7259 アイシン精
4506 大日住薬 4005 住友化 6754 アンリツ
6902 デンソー 7203 トヨタ 7701 島津製
7205 日野自 7203 トヨタ 6754 アンリツ
7211 三菱自 7201
8058
日産自
三菱商
6723 ルネサス
7270 SUBARU 7203 トヨタ 6754 アンリツ
9434 ソフトバンク 9984 ソフトバン 6754 アンリツ
9613 NTTデータ 9432 NTT 6963 ローム
3289 東急不HD 9005 東急 1893 五洋建
6305 日立建 6501 日立 6481 THK
6473 ジェイテクト 7203 トヨタ 1893 五洋建
2413 エムスリー 6758 ソニー 7974 任天堂
4689 ZHD 9434
9984
ソフトバンク
ソフトバンクG
3765 ガンホー
8015 豊通商 7203 トヨタ 4185 JSR

 

MBO 採用候補
コード 銘柄名 コード 銘柄名
9984 ソフトバンクG 6981 村田製

<金融用語>

MBOとは

MBOとは、Management Buyoutの略称でM&Aの手法のひとつ。会社の経営陣が、金融支援(=買収をしようとする企業の資産や将来のキャッシュフロー担保として投資ファンド等からの出資・金融機関からの借入れなどをおこなうこと)を受けることによって、自ら自社の株式や一事業部門を買収し、会社から独立する手法のこと。 具体的には、グループの経営方針により親会社子会社や一事業部門を切り離す際、第三者に売却せず、経営陣がその株式を取得し、会社から独立するために用いられることが多い。また、株式公開のメリットが薄れた上場会社が、会社自ら株式非公開に踏み切るための手段として活用されることもある。なお、経営陣と従業員が一体となって株式を譲り受ける場合をMEBO(Management Employee Buyout)という。

著者名

QUICK Market Eyes 川口 究

著者名

QUICK Market Eyes 大野 弘貴


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる