QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 来週のマーケット展望 円は小幅な値動きか、株は米経済対策に注目

来週のマーケット展望 円は小幅な値動きか、株は米経済対策に注目

来週(12月21~25日)の外国為替市場で、円相場は1ドル=103円を挟んだ小幅な値動きが見込まれる。日米中銀がそれぞれ2020年最後の金融政策決定会合を終えたため、年内はドル円相場を直接動かしそうな材料が乏しい。欧米ではクリスマス休暇に入る市場参加者も多く、積極的に持ち高を傾ける動きは限られそうだ。

ただ、足元のドル安基調に拍車がかかる可能性には目配りが必要だ。英国と欧州連合(EU)の通商交渉は結論が先送りされている。ワイジェイFXの遠藤寿保FXエバンジェリストは「部分的にでも合意に至ればポンド高・ドル安が進み、対ポンドでのドル売りの流れが対円にも波及する可能性がある」と予想。その場合は円は対ドルで102円台半ばまで上昇余地があるとの見方を示した。

同期間の東京株式市場で日経平均株価には明確な方向感が出にくく、2万6500円~2万7000円程度での推移を見込む声が多い。新型コロナウイルスのワクチン普及が世界経済の回復を支えるという期待と、足元の感染者増加を受けた景気改善への懸念が、綱引きする状況が続きそうだ。

23日には米国で11月の個人所得・個人消費支出(PCE)が発表される。16日発表の11月の小売売上高は予想以上に減少し、米国株の売り材料となった。来週の統計で米個人消費の減速が改めて意識されれば、米国株の下落を通じて日本株にも売りが及ぶだろう。

米国では9000億ドル規模の追加の経済対策で協議が大詰めを迎えている。市場では「与野党双方の幹部発言には、合意形成への本気度が感じられる。実際に年内合意となれば、日経平均が心理的節目の2万7000円を上回る展開が想定される」(東海東京調査センターの関邦仁ストラテジスト)との見方があった。

【主な予定】

◇21日(月)

・閣議
 ・2021年度予算案を閣議決定
 ・7~9月期の資金循環統計速報(日銀、8:50)
 ・11月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
 ・11月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、14:00)
 ・3~11月期決算=西松屋チェ
 ・東証1部上場=ポピンズホールディングス
 ・マザーズ上場=いつも
 ・12月の中国最優遇貸出金利(LPR、10:30)

◇22日(火)

・12月の月例経済報告
 ・10月の毎月勤労統計確報(厚労省、8:30)
 ・11月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
 ・11月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
 ・11月の百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
 ・マザーズ上場=ウェルスナビ、Kaizen Platform、ヤプリ
 ・7~9月期の米実質国内総生産(GDP、確定値、22:30)
 ・11月の米中古住宅販売件数(23日0:00)
 ・12月の米消費者信頼感指数(23日0:00)

◇23日(水)

・日銀金融政策決定会合の議事要旨(10月28~29日開催分、8:50)
 ・10月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
 ・マザーズ上場=交換できるくん、ENECHANGE
 ・タイ中銀が政策金利を発表
 ・11月の米個人所得・個人消費支出(PCE、22:30)
 ・11月の米新築住宅販売件数(24日0:00)
 ・12月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、24日0:00)

◇24日(木)

・対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
 ・11月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
 ・2年物利付国債の入札(財務省、10:30)
 ・黒田日銀総裁が経団連審議員会で講演(13:40)
 ・マザーズ上場=東京通信
 ・ジャスダック上場=グローバルインフォメーション
 ・トルコ中銀が政策金利を発表
 ・フィリピン、インドネシア、ドイツなど休場
 ・シンガポール株式市場が短縮取引
 ・クリスマスの前日で米株式・債券市場が短縮取引

◇25日(金)

・閣議
 ・11月の完全失業率(総務省、8:30)
 ・11月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
 ・12月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省、8:30)
 ・11月の商業動態統計(経産省、8:50)
 ・11月の住宅着工(国交省、14:00)
 ・11月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
 ・3~11月期決算=高島屋、ニトリHD
 ・東証2部上場=SANEI
 ・マザーズ上場=ファンペップ
 ・ジャスダック上場=東和ハイシステム
 ・オーストラリア、ニュージーランド、香港、韓国、シンガポール、フィリピン、マレーシア、インドネシア、インド、英国、ドイツ、フランス、イタリア、南アフリカ、米国が休場

◇26日(土)

◇27日(日)

・1~11月の中国工業企業利益(10:30)

(注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる