QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ロボアド「THEO」のお金のデザイン、運用資産が1000億円突破

ロボアド「THEO」のお金のデザイン、運用資産が1000億円突破

ロボアドバイザー(ロボアド)の「THEO(テオ)」を手掛けるお金のデザイン(東京・港)の運用資産が1000億円を突破した。21日時点でロボアドの運用資産が770億円、ロボアド以外のサービスが230億円超となり、合計で1000億円の大台に乗った。「THEO」の口座数は同時点で14万4000件に達した。

THEOは人工知能(AI)を搭載したロボアドによる投資一任運用サービス。ネット上で年齢や現在の金融資産額などの情報を入力すると、一人ひとりに合った上場投資信託(ETF)からなるポートフォリオを提案する。

手数料は最大1.00%(税別・年率)。申し込みはスマートフォン(スマホ)だけで完了できる。最低投資額を1万円に抑え、資産運用を始めるためのハードルを低くしている。パートナー企業と連携したロボアド「THEO+(プラス)」も展開する。

ロボアド以外では一般に販売する投資信託「お金のデザイン・グローバル・リアルアセット・ファンド(世界の実物資産中心)<愛称:資産の方舟>」の運用のほか、個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)向けや機関投資家向けのサービスを手掛けている。

◇お金のデザインのプレスリリースはこちら

(QUICK資産運用研究所=西本ゆき)

著者名

QUICK資産運用研究所 西本 ゆき


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる