QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「ブルーウエーブ」なら市場の反応はポジティブ? 5日に米ジョージア州で決選投票

「ブルーウエーブ」なら市場の反応はポジティブ? 5日に米ジョージア州で決選投票

最終更新 2021/1/4 09:00 FX 米株 米債券 米政治 QUICK Market Eyes

【QUICK Market Eyes 片平 正二】2021年が始まった。グローバル市場の関心は改めて米政治に向かっている。5日に実施予定のジョージア州の上院決選投票の結果が米議会の勢力図を左右するためだ。政治情報サイトのリアルクリア・ポリティクス(RCP)によれば世論調査で民主党候補が共に1ポイント程度リードしている。郵便投票を含む期日前投票も多いと報じられており、接戦となるようだと翌6日に結果が判明しない可能性も警戒されている。

JPモルガンは20年12月31日付のリポートで「民主党がジョージア州上院で両議席を獲得する場合、(大統領と議会を民主党が占める)ブルーウエーブとなるため、市場はより多くの財政刺激策、より多くの規制、より高い税金を期待するだろう。最初の反応は景気刺激策が最初に来るので、ポジティブだ」と指摘した。

債券利回りや金利のボラティリティが急上昇する可能性があるとしながら、「将来的に、キャピタルゲイン税の引き上げが民主党政権と民主党支配の議会の結果であることが証明されれば、これはクレジット投資家よりも株式投資家にとってはるかにマイナスになる」とも指摘。中長期的にブルーウェーブは株式市場にネガティブとみていた。

著者名

QUICK Market Eyes 片平 正二


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる