QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 業績改善予想はほぼ織り込み済み? コンセンサスDIがほぼ横ばいに

業績改善予想はほぼ織り込み済み? コンセンサスDIがほぼ横ばいに

QUICK Market Eyes  阿部哲太郎】主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDIは昨年12月末時点で金融を含む全産業ベースがプラス22と、前月のプラス21から1ポイント改善した。改善は6カ月連続となったが、改善幅は鈍化した。業種別では16業種中9業種が前月から改善した。急激な業績改善見通しに一服感が出た格好となった。

※QUICKコンセンサスDI

■16業種中12業種がプラス圏 鉄鋼、非鉄金属、銀行の改善が顕著

製造業DIは前月から1ポイント悪化のプラス26とわずかながら悪化した。資源高や景気回復期待を背景に鉄鋼がプラス34、非鉄金属がプラス50とどちらも前月のゼロから大幅に改善した。先行して改善していた電機はプラス34と10ポイント悪化、輸送用機器はプラス63と16ポイント悪化となった。

非製造業DIは1ポイント改善のプラス17と微増となった。建設、情報通信・卸売、銀行が改善した。特に銀行はプラス13と35ポイント改善となった。一方で新型コロナウイルスの感染再拡大などが懸念され不動産、小売、サービス、その他金融などは悪化した。

算出対象の16業種中でDIがプラスの業種は食料品、化学、鉄鋼、非鉄金属、機械、電機、輸送用機器、情報・通信、卸売、小売、銀行、その他金融の12業種だった。一方、マイナスの業種は医薬品、不動産、サービスの3業種、ゼロは建設の1業種だった。

■資源高や自動車市況の回復への期待が鮮明に

個別銘柄では3カ月前比で純利益の上方修正率が最も大きかったのは、2カ月連続で神戸鋼(5406)だった。中国経済の回復や自動車市況の回復による鋼材需要の改善やコスト削減効果で、業績回復への期待が広がっている。また、川崎船(9107)、日産自(7201)なども同様に自動車や資源など新型コロナウイルスによる業績悪化からの回復を見込んでいる。ニコン(7731)も苦戦が続いたカメラ事業の収益改善を予想する。

※3カ月前比で純利益の上方修正率の大きい銘柄上位

一方で、下方修正率が最も大きかったのは昭和電工(4004)だった。新型コロナウイルス感染拡大による黒鉛電極事業の苦戦による見通し悪化などが響く。OLC(4661)は、入園者数の制限による収益の下押しや政府による「GoToキャンペーン」の再停止なども業績の重しとなっている。

※3カ月前比で純利益の下方修正率の大きい銘柄上位

※最終赤字の銘柄は除く。12月末時点。
単位は純利益が百万円、修正率は%。
直近、3カ月前とも5社以上のアナリストが業績予想を出している銘柄が対象。

◆QUICKコンセンサスDIとは◆

アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

4004 化学
昭和電工
3,215
前日比+85 (+2.716%)
昭和電工の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる