QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 任天堂VSソニー、軍配は「マリオ」 野村が分析した課金のターゲット

任天堂VSソニー、軍配は「マリオ」 野村が分析した課金のターゲット

【日経QUICKニュース(NQN) 矢内純一】今後の伸びしろは任天堂(7974)に軍配――。野村証券は1月5日付のリポートで、ソニー(6758)とゲーム事業のリカーリング(継続課金)を比べ、こう指摘した。緊急事態宣言の再発令が迫り、巣ごもり需要期待で再び注目を集めそうなゲーム関連。代表的な2銘柄の違いは何か。家庭用ゲーム機業界といえば、ゲーム機やソフトの売り切り型が基本だったため、業績の波が激しか...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

ソニー
11,010
前日比-320 (-2.824%)
ソニーの株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる