QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 米ハイイールド債ETFから資金が流出、米長期金利上昇で投資妙味薄れる

米ハイイールド債ETFから資金が流出、米長期金利上昇で投資妙味薄れる

【QUICK Market Eyes 片平 正二】5日の米国市場でハイイールド債を投資対象とするSPDRバークレイズ・ハイイールド債券ETF(JNK)から大規模な資金が流出した。QUICK FactSet Workstationによれば3億2562万ドルの資金流出となり、20年11月30日以来、1カ月ぶりの大きさとなった。

この日の米国市場でJNKは0.06%高で小反発して終えた。ただ、米長期金利の上昇を受けてハイイールド債の投資妙味が小さくなる中、上値の重い展開だった。JNKは4日に109.04ドルまで上昇して昨年2月25日以来、10カ月半ぶりの高値水準を回復しているが、米長期金利の高止まりを受けてか12月以降は資金が流出する傾向にある。

HYDのファンドフロー
※SPDRバークレイズ・ハイイールド債券ETFのファンドフロー(QUICK FactSet Workstationより、単位・百万ドル)

著者名

QUICK Market Eyes 片平 正二


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる