QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース [テーマ株]パワー半導体関連が買われる ルネサス(6723)は15.43%上昇

[テーマ株]パワー半導体関連が買われる ルネサス(6723)は15.43%上昇

QUICK Market Eyes  阿部哲太郎、大野 弘貴】パワー半導体」銘柄への物色が鮮明となっている。QUICKが選定する21銘柄の1月14日までの過去5営業日平均の上昇率は8.59%と、同期間の東証株価指数(TOPIX)の4.29%を上回って推移している。

脱炭素や電気自動車(EV)普及への期待が高まる中で、省エネや電流の流れを安定させるパワー半導体関連銘柄が物色されている。

上昇率トップは、自動車向けマイコンに強みをもつルネサスエレクトロニクス(6723)だ。自動車市況の回復や在庫水準の低下で車載半導体の不足が顕著になっている。ルネサスは電源向けのアナログ半導体やパワー半導体を手掛けており、自動車の電装化による業績の拡大が期待されている。富士電機(6504)は、車載パワー半導体に投資を続けている。EVメーカーなどに向け、小型で高効率のパワー半導体モジュール(複合部品)の新規採用が広がっている。

パワー半導体は、次世代のSiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)などの化合物半導体も需要が見込まれている。サムコ(6387)は、他の製造装置メーカーがあまり手掛けていない化合物半導体の製造装置を強みとしている。

■パワー半導体のテーマ株はコチラ

パワー半導体は大きな電力を扱える半導体で、CPUなどの頭脳ではなく、筋肉と例えられる半導体である。電気自動車や昨今の脱炭素社会では、電力消費の効率化技術が必要不可欠となっている。世界の電力の55%はモータに使われる言われているほど。パワー半導体関連企業に注目しておきたい。

コード 銘柄名 5営業日の騰落率(14日時点) 時価総額(億円)
6723 ルネサス 15.43% 21,983
6125 岡本工 14.79% 126
8068 菱洋エレク 14.77% 933
6707 サンケン電 13.62% 1,264
6976 太陽誘電 13.30% 7,044
6890 フェローテック 13.12% 728
4004 昭電工 12.28% 3,557
6762 TDK 11.58% 21,978
5802 住友電 10.87% 11,385
8035 東エレク 10.40% 67,820
6338 タカトリ 9.75% 39
6504 富士電機 9.17% 5,986
6387 サムコ 7.62% 314
4063 信越化 7.52% 78,478
6503 三菱電 7.37% 34,795
6146 ディスコ 6.73% 13,456
6728 アルバック 3.52% 2,341
6502 東 芝 -0.23% 13,371
6902 デンソー -1.95% 46,189
7282 豊田合 -2.05% 3,688
6943 NKK 31
平均   8.59%  
  TOPIX 4.29%  

※他にはどんなテーマ株があるの?詳細はコチラ

半導体関連株への視線は熱い。野村証券は14日付の半導体製造装置リポートで、台湾積体電路製造(TSMC)関連企業への強気スタンスを確認したという。同日、TSMCが発表した2021年に250~280億ドルの設備投資計画を受けたもの。TSMCが最大顧客となっているSCREENホールディングス(7735)やTSMCが大口顧客となっている東京エレクトロン(8035)、アドバンテスト(6857)、東京精密(7729)、ディスコ(6146)などが挙げられている。

野村証券はファウンドリを含むロジック向けの21年の半導体設備投資が前年比5%増と予想し、TSMCの半導体設備投資が半導体設備投資市場を牽引するという見方を維持している。

著者名

QUICK Market Eyes 阿部 哲太郎

著者名

QUICK Market Eyes 大野 弘貴


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる