QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日経平均株価の21年予想を上方修正=野村証券

日経平均株価の21年予想を上方修正=野村証券

3d render closeup of computer keyboard with bull and NIKKEI 225 index button. Stock market indexes concept.

QUICK Market Eyes  片平正二】野村証券は1月15日付のリポートで、2021年の日経平均株価の予測値を年末3万円、年間レンジで2万6000~3万2000円に上方修正した。従来予想は20年11月10日に年末2万8000円、年間レンジで2万4500~3万500円だった(参考)。予想よりも早く株価が上昇したうえ、グローバルな株式市場を取り巻く環境が変化したことを総合的に評価したという。

リポートでは、トップダウンの業績予想は据え置く一方、バリュエーションを引き上げた。「バリュエーションは21年12月末時点の株価収益率(PER、TOPIX翌期ベース)を14.8→16.1倍に引き上げた。日本株は、22年度に過去最高益を更新する確度が高まっており、金融危機後ではないという点も合わせ、現在の局面は05年度にかけての1年間に似ている」などと指摘した。

<金融用語>

バリュエーションとは

バリュエーションとは、企業の利益・資産などの企業価値評価のこと。 本来の企業価値と現在の株価を比較して、株価が相対的に割安か割高かを判断する具体的な指標としては、株価純資産倍率(PBR)や株価収益率(PER)、配当利回りなどがある。

著者名

QUICK Market Eyes 片平 正二


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる