QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 製造業の景況感が7カ月ぶりに悪化、コロナ禍からのリバウンドに漂う一服感(QUICK短観より)
この記事は公開から1年以上経過しております。

製造業の景況感が7カ月ぶりに悪化、コロナ禍からのリバウンドに漂う一服感(QUICK短観より)

QUICK Market Eyes  大野弘貴】QUICKが実施した1月の「QUICK短期経済観測調査(QUICK短観)」で、製造業の業況判断指数(ディフュージョン・インデックス、DI)はマイナス9と、前月調査のマイナス4から5ポイント悪化した。7カ月ぶりの下落となった。全産業(金融を含む)はプラス2と前月調査変わらずだった。

※QUICK短観(製造業)と日銀短観(大企業・製造業)の推移

■景況感改善に一服感

2021年のリスク要因として、回答者の7割超が「ワクチンが期待ほど効果なく、新型コロナの感染がさらに拡大する」を選択した。

※21年のリスク要因

自社の株価が「安い」と答えた回答数から「高い」と答えた回答数を減じて算出する自社株判断DIは製造業で52と12月調査から4ポイント下落した。前月比でマイナスとなるのは20年9月調査以来、4カ月ぶり。

※自社株判断DIとTOPIXの推移

アナリストの業績予想についても、上方修正数の増加にやや一服感が生じた。主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDIは、製造業が前月から1ポイント悪化のプラス26とわずかながら悪化した。

■製造業DIとTOPIXの関係

製造業DIは日本の株価指数動向と強い相関が観察される。下のグラフは製造業DIと東証株価指数(TOPIX)の前年同月比騰落率推移を示したものだ。

※製造業DIとTOPIXの前年同月比騰落率推移

製造業DIが頭打ちになるとTOPIXの前年同月比で見た上昇率も鈍化する傾向がある。日本でも月末以降、第3四半期決算発表が本格化する。

足もとで新型コロナウイルスの感染が拡大し、企業の景況感改善に一服感が生じている。アナリストの業績予想に再度慎重な見方が広がることで、株価の上値が抑えられる可能性もありそうだ。

<金融用語>

QUICK短観とは

QUICK短観とは、正式名称はQUICK短期経済観測調査。QUICKが調査・発表している国内上場企業の景況感を示す経済指標。日本銀行が国内企業を対象に景況感を調査する「全国企業短期経済観測調査(日銀短観)」は年4回の公表だが、QUICK短観は毎月公表している。日銀短観の2週間ほど前に最新の調査結果を公表していることから、日銀短観の先行指標として利用されている。足元および先行きの業況判断について「良い」、「さほどよくない」、「悪い」の三択方式で質問し、調査結果を「DI」(Diffusion Index、ディフュージョン・インデックス)という指数にして製造業や非製造業などの分類ごとに発表する。例えば、足元の業況判断DIは3ヵ月前と比べて「良い」と回答した企業の割合から、「悪い」と回答した割合を差し引いて算出する。 景況感以外にも、自社の株価水準や円相場の水準、将来の物価見通しなどについても調査している。

著者名

QUICK Market Eyes 大野 弘貴


投資経験 3~10年
投資商品

0/500
 

2021/1/29 16:38

コメント
0/500
 

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
5,598
+5.32%
2
24,395
+5.62%
3
84,280
+1.81%
4
56,790
+4.35%
5
4755
楽天G
720
+7.3%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3782
DDS
62
+34.78%
2
1,400
+27.27%
3
2,026
+24.6%
4
4849
エンJPN
2,580
+24.03%
5
2,076
+23.86%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,226
-24.18%
2
1,287
-23.71%
3
404
-16.52%
4
531
-15.84%
5
840
-15.15%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
15,170
+4.87%
2
5,598
+5.3%
3
21,280
+1.62%
4
46,350
+4.34%
5
84,300
+1.81%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる