QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 原油先物が1年ぶり高値、期待インフレ率=BEIの上昇は期待先行?

原油先物が1年ぶり高値、期待インフレ率=BEIの上昇は期待先行?

【QUICK Market Eyes 池谷 信久】2日の米原油先物市場ではWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物が一時55.26ドルと、2020年1月以来の高値を付けた(緑線)。

原油価格など商品価格の上昇とともに米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、市場が織り込む期待インフレ率)も上昇している(青線)。ただ、この日に付けたBEIの2.15%は2018年10月以来の高水準で、新型コロナウイルスどころか米中貿易摩擦によって景気に悪影響がでる前のレベルだ。BEIの上昇はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に沿ったものとは言い切れず、期待先行で終わる可能性もある。

著者名

QUICK Market Eyes 池谷 信久


投資経験 なし
投資商品

0/500
 

2021/2/4 14:08

コメント
0/500
 

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる