QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「減配ショック」のJT 構造改革、効果はまだ煙の中に

「減配ショック」のJT 構造改革、効果はまだ煙の中に

【日経QUICKニュース(NQN) 菊池亜矢】10日の東京株式市場で、日本たばこ産業(JT、2914)株が急落した。9日、2020年12月期通期の決算発表で、21年の減配見通しを示したためだ。減配計画は上場来初。配当性向方針の変更も併せて発表し、配当狙いの投資家らからの売りがかさんだ。リストラ策など構造改革を推し進める姿勢も示したが、健康志向の高まりのなか利益成長の絵を描くのは難しい。事業構造の再...


投資経験 10年以上
投資商品

JTは、配当利回りは良いけど、配当性向が約100%の恩恵で、PBR1.3倍、PER14倍と株価指標はそこまで割安ではありません。加熱式タバコもiQOS(フィリップモリス)に先行され、ESG投資にも逆行しています。今後、業績が回復出来る目処がないと、難しい気がしますね。割り切って、短期リバウンド狙いとかならアリだと思いますが。

163/500
 

2021/2/15 15:38

コメント
0/500
 

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる