QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 製造業の業績回復、44%が上方修正 車やスマホに中国の追い風

製造業の業績回復、44%が上方修正 車やスマホに中国の追い風

【日経QUICKニュース(NQN) 高和梓】2020年4~12月期決算の発表が一巡した。印象づけたのは4~9月期に世界的な新型コロナ感染拡大で大きく落ち込んだ製造業の回復ぶりだ。日経平均株価が30年半ぶりに3万円を回復した背景にも、堅調な製造業の業績がある。4割を超える製造業が2021年3月期(今期)純利益予想を上方修正し、決算会見では中国景気回復への言及が目立った。

■トヨタの10~12月中国小売台数、21.8%増

「新規投入した主力車の効果が出ている」。トヨタ自動車(7203)の近健太執行役員は4~12月期の決算会見で、中国市場での販売に自信を見せた。10~12月の中国小売台数は前年同期比21.8%増の53万5000台で、今期の中国を含むアジアの販売台数は従来計画の119万台から124万台に上方修正。原価低減効果もあり今期の連結営業利益予想(国際会計基準)を従来の前期比46%減の1兆3000億円から17%減の2兆円に上方修正した。

※トヨタ自動車の業績

※トヨタ自動車の業績(21年3月期は会社予想)参照

中国市場では欧州メーカーに比べて半導体不足の影響は限定的で、1月の販売台数は前年同月比30.4%増の18万9500台と10カ月連続で前年実績を上回り、単月として過去最高となった。

中国での好調な自動車販売を受けて車載用部品も伸びている。日本電産(6594)は今期の連結営業利益(国際会計基準)予想を従来の前期比29%増の1400億円から43%増の1550億円に上方修正。関潤社長は車載関連事業について「20年4~6月期は大変苦労したが自動車業界が中国で回復し、当社もシェアを伸ばしている。車載事業の売上高は過去最高を更新していく」と強気の姿勢を示した。

※日本電産の業績(21年3月期は会社予想)

※日本電産の業績(21年3月期は会社予想)参照

■製造業は44%が上方修正 

SMBC日興証券によると、TOPIX採用銘柄の3月期決算企業で2月12日までに4~12月期決算を発表した1444銘柄のうち、通期純利益予想を上方修正した企業は32%にあたる467銘柄。下方修正は6%の93銘柄にとどまる。製造業(発表済みは684銘柄)に限ると上方修正の割合は44%(298銘柄)まで高まる。

製造業の今期純利益の見通しは前期実績を5.7%上回る見込みで、19%減の非製造業と対照的だ。巣ごもり需要や在宅勤務による世界的な半導体需要の拡大のほか「特に中国で自動車販売や設備投資が回復したことが想定以上の製造業の業績回復につながった」(SMBC日興の安田光・株式ストラテジスト)という。

■アンリツ社長、中国スマホ「1~3月期も原動力に」

中国での高速通信規格「5G」への投資も日本の企業業績に追い風となる。アンリツ(6754)は今期連結純利益予想(国際会計基準)を従来の前期比1%増の135億円から9%増の145億円に上方修正した。5G対応端末の開発需要が高まり、通信計測機器などの受注回復につながった。なかでも、中国のスマートフォンメーカーについて浜田宏一社長は「商用開発が好調に推移し、1~3月期も受注や売り上げの原動力になる」との見通しを示した。

※アンリツの業績

※アンリツの業績(21年3月期は会社予想)参照

コマツ(6301)も「需要の回復が想定よりも早い」(今吉琢也経営管理部長)といい、今期の油圧ショベルなど主要7建機の中国での需要予想を従来の前期比30~40%増から35~45%増に引き上げた。政府の公共投資で強い需要が続くと見込む。ファナック(6954)も業績の先行指標となる受注高は20年10~12月期に中国が前年同期比2.7倍に急増した。

■財政・金融政策や在庫動向に注目

ただし、中国景気の恩恵にあずかった企業の一部からは「(上昇を続ける銅価格について)実需に基づかない資金も入っているので一本調子で上がるとは思わない」(丸紅=8002、古谷孝之最高財務責任者)、「中国で完成車の在庫が積み上がっているとの声が聞かれ、製品需要に影響が出ないか気にしている」(村田製作所=6981、竹村善人取締役)と慎重な見方も聞かれた。SMBC日興の安田氏は「中国で引き締め方向に政策が変化しないかなど、世界の財政・金融政策動向には警戒が必要だ」と指摘していた。

著者名

日経QUICKニュース(NQN) 高和 梓


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

6301 機械
小松製作所
2,829
前日比-38.5 (-1.343%)
小松製作所の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる