QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース S&P500を解説 ダウ平均との違いとは?株価チャートや構成銘柄、連動商品も紹介

S&P500を解説 ダウ平均との違いとは?株価チャートや構成銘柄、連動商品も紹介

【QUICK Money World 辰巳 華世】株式相場を把握するのに株価指数はかかせない情報です。世界の株式市場にはその国を代表する株価指数がありますが、今回は、米国の代表的な株価指数の一つであるS&P500種株価指数の概要や採用銘柄、活用の仕方などをご紹介します。米国株は上昇基調を背景に、日本の個人投資家の注目が高まっています。

■S&P500とは?

S&P500種株価指数(エスアンドピーファイブハンドレッド)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出したアメリカの代表的な株価指数です。評価通貨は米ドルです。ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している代表的な500銘柄より算出される時価総額加重平均株価指数です。採用銘柄数が500と多く、米国の主要銘柄の多くがS&P500に含まれています。米国株式市場の時価総額の約80%を網羅しているので、米国相場全体の動向を知るうえで役立つ指標です。

そもそも株価指数とは、ある取引所や特定の銘柄郡の株価の動きを表すものです。ある時点を基準にして、その後の株価の増減を表しています。そのため、連続性をもって時系列で株価の動きを把握することができます。

世界の株式市場には各国を代表する株価指数があり、その株価指数をみることでその国の株式相場の状態を把握することができます。日本の代表的な株価指数といえば、日経平均株価や東証株価指数などがあります。

■S&P500の組入銘柄は?

S&P500の組入銘柄は、時価総額、流動性、浮動株比率、業績など様々な条件によってスクリーニング(選別)され決定します。時価総額は82億ドル以上、業績は4四半期連続で利益を計上していることなどが採用条件となっています。世界産業分類基準(GICS)に基づいて分類された11産業の中から代表的な銘柄が選別されています。S&P500は、米国を代表する銘柄が万遍なく組み入れられてはいますが、「情報通信」や「ヘルスケア」の割合が高い傾向があります。

<S&P500の組入銘柄の時価総額上位>

順位 銘柄名 コード 時価総額(億ドル)
1 アップル AAPL  21,776
2 マイクロソフト MSFT  18,387
3 アマゾン AMZN  16,760
4 アルファベットC GOOG  14,233
4 アルファベットA GOOGL 14,233
6 フェイスブック FB    7,671
7 テスラ TSLA  7,558
8 バークシャーハザウェイ BRK.B 5,723
9 VISA A V     4,474
10 JPモルガンチェース JPM   4,438
11 ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ   4,363
12 ウォルマート WMT   3,895
13 エヌビディア NVDA  3,672
14 ペイパル PYPL  3,406
15 マスターカードA MA    3,362
16 ウォルト・ディズニー DIS   3,322
17 P&G PG    3,190
18 ユナイテッド・ヘルス UNH   3,116
19 ホーム・デポ HD    3,047
20 バンク・オブ・アメリカ BAC   2,958

S&P500は、定期的に銘柄を確認し、必要に応じて銘柄を入れ替えています。最近では米電気自動車(EV)のテスラが、S&P500に2020年12月21日から採用されると発表されました。指数採用が発表された2020年11月16日のテスラ株の時価総額は約40兆円に上り、米メディアによるとS&P500に追加される銘柄としては過去最大規模と注目を集めました。

一般的に株価指数に採用されると、その銘柄の株価は上昇する傾向があります。指数に連動した運用成績をめざすパッシブ型で運用する投資家たちは、運用する投資信託などを指数と連動させるためにその銘柄を必ず組み入れる必要があります。株価指数への新規採用が発表されると、パッシブ運用の投資家の買いに加え、その買いを期待した思惑的な買いなども加わり、その銘柄の株価が上昇しやすくなります。

実際、S&P500への採用が発表されたテスラ株の株価は上昇しました。2020年12月21日からのS&P500へのテスラ株組み入れに伴い、自分たちのポートフォリオにもテスラ株を追加しなければならない年金基金や上場投資信託(ETF)などの投資家は、実務上18日終値までにテスラ株を買う必要がありました。その買いもあって、18日のテスラ株の終値は株式分割を考慮した上場来高値を更新しました。

■ダウ平均、ナスダック指数との違いは?

米国株のニュースでよく「NYダウ」、「ダウ平均」などという言葉を見かけると思います。これは、ダウ工業株30種平均と呼ばれる米国の株価指数です。米国の代表的な30銘柄で構成されており、S&P500と異なり単純平均型の指数です。米金融大手ゴールドマン・サックス、米アップル、米マイクロソフト、カード大手の米アメリカン・エキスプレス(アメックス)などが採用されています。巨大IT企業、米アマゾン・ドット・コムや米グーグルは採用されていません。米国の代表的な指数にもう一つ、「ナスダック総合指数」がありますが、こちらは米国のNASDAQ市場に上場する全銘柄で構成された時価総額加重平均型の指数です。

S&P500は500銘柄ありますが、ダウ平均は採用銘柄が30と少ないです。そのため、ダウ平均は、個別銘柄で株価が大きく変動した際は影響を受けやすいです。米国株式相場を把握する際、S&P500だけ、ダウ平均だけ確認するのではなく、両方の指数を確認すると良いでしょう。両方の指数が似た動きをする場合もあるし、ダウ平均の動きが大きい場合は、ある特定な銘柄が大きく動いたのだなと、その日のマーケットの特徴を感じることもできます。S&P500、ダウ平均とも米国を代表する株価指数なので、米国株式相場を把握するうえではどちらも気にかけておいた方が良い指標といえます。

赤:S&P500、青:ダウ平均、緑:ナスダック指数、黄:日経平均。2001年末を100として指数化。

■S&P500の活用方法――投資信託やETFは?

S&P500は、米国の株式相場全体の動きを把握するのに役立ちます。ダウ平均や日本の日経平均株価、東証株価指数などと同じように一つの指標としてチェックすると良いでしょう。   

S&P500に関連する投資信託も証券会社などから多く提供されています。SBIアセットマネジメント「SBI・バンガード・S&P500」、大和アセットマネジメント「iFree S&P500インデックス」など、色々な会社から商品が提供されています。S&P500に連動する投資信託は、米国の主要銘柄500社に分散投資ができます。また、S&P500指数に連動するため、S&P500の動きをウォッチしていればその投資信託の値動きも分かり、簡単に値動きを確認できるので米国株投資に興味がある初心者にも人気があります。

たとえば「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」では、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は9位と上位に入っています。

連動するETF(上場投資信託)も多く、ステート・ストリートの「SPDR S&P500」(1557)やブラックロックの「iシェアーズ S&P 500」(1655)のほか、日興アセットマネジメントの「上場米国株式 S&P500」(2521)のように為替ヘッジをかけたものもあります。

■まとめ

S&P500は、米国の主要500銘柄を採用した株価指数です。米国の株式相場を把握するのに役立つ指数です。また、連動する投資信託やETFも幅広く存在しています。S&P500をチェックし、株価の動向を読み取り、投資に活かしましょう。

金融コラム会員登録バナー

著者名

QUICK Money World 辰巳 華世


投資経験 3~10年
投資商品
日本株 外国株 先物・FX 投資信託

私も疑問に思って公式ページを見ましたが、A株C株両方入っているみたいですね。しかも構成銘柄数は実は505銘柄のようです。 https://www.spglobal.com/spdji/en/indices/equity/sp-500/#data

122/500
 

2021/3/1 11:54

コメント
0/500
 
投資経験 1年未満
投資商品
日本株 外国株

組み入れ銘柄時価総額上位の4位にアルファベットのA株C株が並んでるけど、これは別物として見做す?ダブルカウントになってる訳ではない? あとS&P495についても解説してほしい

87/500
 

2021/2/26 23:53

コメント
0/500
 

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる