QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース アジアでも円安じわり 狙われやすい「スプレッド拡大」
この記事は公開から1年以上経過しております。

アジアでも円安じわり 狙われやすい「スプレッド拡大」

【NQNシンガポール  編集委員 今 晶】外国為替市場でアジア通貨に対する円安傾向がじわりと強まっている。シンガポールドルの対円相場は3月4日に一時1シンガポールドル=80円台後半と2020年1月以来の高値水準を付けた。けん引役は対米ドルでの円安だ。主な要因とされる米長期金利の上昇は対米ドルでのアジア通貨安を促しているが、それ以上に日本の貿易赤字などを材料にした円売りが根強いため、相対的に円安・アジア通貨高が進んでいる。 ■金利上昇は自然な現象 ヘッジファンドなど投機筋の間で円売り戦略が広がり始めたのは、日本による新型コロナウイルスのワクチン購入に伴う円売りの観測が浮上し、1月の貿易...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
11,095
-3.39%
2
8306
三菱UFJ
729.4
-1.61%
3
567
-2.07%
4
44,300
-4.11%
5
6981
村田製
7,396
-3.67%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1382
ホーブ
1,312
+29.64%
2
6
+20%
3
168
+19.14%
4
2,011
+18.99%
5
1,395
+18.52%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
590
-14.49%
2
1,035
-13.96%
3
806
-13.33%
4
772
-12.86%
5
1,533
-11.43%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
13,040
-3.12%
2
16,150
-3.58%
3
44,300
-4.11%
4
5,235
-1.69%
5
11,095
-3.39%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる