QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「無印良品」と「ユニクロ」、ウイグル問題の影響は?
この記事は公開から1年以上経過しております。

「無印良品」と「ユニクロ」、ウイグル問題の影響は?

最終更新 2021/3/29 18:10 日本株 SDGs ウイグル問題 ESG NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN)】少数民族ウイグル族を巡る問題で、中国で外資系小売企業に対する反発が広がっている。日本の株式市場では「無印良品」を展開する良品計画(7453)と、「ユニクロ」のファーストリテイリング(9983)に対する注目度が高い。UBS証券が26日付のリポートで2銘柄についての想定される現時点の影響をまとめている。 リポートはアナリストの守屋のぞみ氏と高柳満氏が担当した。良品計画については「無印良品は『新疆綿』を素材とする衣料を展開。栽培や生産の現場で強制労働のような人権侵害は確認されていないとして、今後も使用すると報じられた」と指摘。26日に良品計画株が大きく下げる場面...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

7453 小売業
良品計画
1,324
前日比+17 (+1.301%)
良品計画の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる