QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 東証の市場再編、プライム市場は「より高いガバナンス水準」 候補は一部上場企業の42%

東証の市場再編、プライム市場は「より高いガバナンス水準」 候補は一部上場企業の42%

2022年4月4日、東京証券取引所(以下、東証)は市場第一部・市場第二部・マザーズ・JASDAQ(スタンダード及びグロース)という現在の市場区分を、プライム市場・スタンダード市場・グロース市場の3つの市場区分に再編する。現在の市場区分については、主に以下の課題が指摘されている。 ・各市場のコンセプトが不明瞭(特に二部、マザーズ、JASDAQ間の違い) ・企業への動機付けが不足(一部への昇格要件...


投資経験 10年以上
投資商品
日本株 外国株 投資信託

プライム市場の条件の1つに流通株式比率35%があるけど、ファーストリテイリングって、この条件を満たせてるのか? 日銀はFリテの20%の株をETFを介して保有してると言われてる。これが流通株に分類されるならセーフなんでしょうね。 実質的には流通してるとは言い難いけど。 もしアウト判定なら大パニックになるな。まずそんなことはないと思うけど。プライム判定は6月末に集計して7月中に企業に通知だっけ。それを過ぎるまでは日経平均の買いを避ける慎重な人もいそう。

226/500
 

2021/6/20 11:10

コメント
0/500
 

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる