QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 前哨戦の決算動向を分析、スコア首位はグローバルニッチのオプテックスG

前哨戦の決算動向を分析、スコア首位はグローバルニッチのオプテックスG

【QUICK Market Eyes  阿部哲太郎】日本株は新型コロナウイルスの感染拡大や世界景気回復の鈍化などもあり、主力企業の4~6月期決算シーズンを控えて買い手がかり不足の様相が続いている。最近まで非製造業などの3~5月の決算を中心に250社が四半期決算や業績修正などを発表しており、今週以降の決算本格化の前哨戦となっていた。決算結果を受けた個別銘柄の選別物色も進んだ。前哨戦の決算動向を分析す...


投資経験 10年以上
投資商品
日本株

決算スコアは各銘柄のページの「開示・情報ニュース」→「開示情報要約」に流れているので、パパっと確認したい時とかに見ているのだ。投資家の感覚に近しい値が出ているので、なかなか分かりやすいと思う。が、スコアが良い、すなわち好決算だからといってその後の株価が強く推移するとは限らず、マイナスに転じることもしばしば。なぜなら、売上とか実績値とかがどんなによくても業績予想ベースの純利益の値とコンセンサスとの比較がイマイチだと、ネガティブに捉えられやすいからね。でも、その企業が明確な成長曲線上にあるのであれば、最終的には利益として現れるし株価もついてくる。

274/500
 

2021/7/20 21:44

コメント
0/500
 

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

川崎地質
2,929
前日比-1 (-0.034%)
川崎地質の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる