QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ソフトバンクG、個人向け7年物の劣後債を発行へ 4500億円

ソフトバンクG、個人向け7年物の劣後債を発行へ 4500億円

最終更新 2021/9/1 13:00 社債 劣後債 NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN)】ソフトバンクグループ(SBG、9984)が個人投資家向けに7年物の劣後債の発行を準備していることが1日、わかった。同日付で関東財務局に提出した訂正発行登録書によると、発行額は4500億円。利率は1.5~2.5%を仮条件とし、9月10日の条件決定を予定している。申込期間は9月13~29日で、払込期日は9月30日。

主幹事はみずほ証券(事務)と大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券、野村証券を指名した。格付けは日本格付研究所(JCR)から「トリプルBプラス」を取得する予定だ。

SBGは6月に、4050億円の個人投資家向け劣後債を発行している。

<関連記事>


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる